食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

神保町ブックカフェ カレー 神保町

f:id:hidekinghenry:20180627001418j:image

神保町。カレーと古本とオヤジのラーメンの街。

そんな粋な街に、割とお洒落なカフェができた。白山通りと靖国通りの交差点の近くである。

 

次郎はオヤジのラーメンを食べた後、食後のコーヒーでも飲もうとしたところ見つけたこのカフェに入った。

 

ウィーン♪

いらっしゃいませー。

店内は全体的に広々としており、カフェスペースが広く、ブックカフェと言いながら、岩波新書ばかりが並び、どちらかというとブックは単なるインテリアだった。少しがっかりした次郎。しかし、雰囲気は悪くない。

 

よし、コーヒーでも飲むか。空いてる席に座り、メニューを見た。

f:id:hidekinghenry:20180627001852j:image

ふん、文庫カバーのメニューか。

f:id:hidekinghenry:20180627001935j:image

どれどれ。

気がつくとランチメニューを見ていた次郎。

 

ほう、チキンカレーにハンバーグか。普通そうだが、ランチを頼むとコーヒー、紅茶が飲み放題か。

 

仕方ない、ここはランチを頼むしかないか。

次郎は独りごちた。

 

おい、ねーちゃん。

ハイ。

チキンカレー頼む。

はい、かしこまりました。コーヒー、紅茶は飲み放題です。あそこのカウンターでセルフサービスになります。

 

なるほど、そういうことか。まぁいい。

 

次郎は持参した文庫本を読み始めた。

物語ではバチカンの神父が謎解きに奮闘していた。

 

はい、まずはサラダどうぞ。

f:id:hidekinghenry:20180627002341j:image

スープもあるな。コンソメか。まぁ普通だな。悪くないが。

はい、カレーになります。

f:id:hidekinghenry:20180627002409j:image

皿がでかいな!

f:id:hidekinghenry:20180627002424j:image

机を埋めちまうじゃねーか。まずいな。

しかし、少し嬉しい次郎。

おやじのラーメンを食べたばかりなのに…

 

ええぃ、ままよ。こうなれば食うのみ。据膳食わぬは武士の…だな。まさに。あくまで飲み放題が必要だっただけなのだ。

自分に言い訳する次郎。

 

ほう、チキンがゴロゴロはいってるな。味はどーだ?おお、チキンも柔らかく、味は薄そうに見えてなかなかしっかりした味付けだ。悪くないぞ。焦がしエシャロットがいいアクセントだ。これはまずいな。どんどん食えちまう。

 

ふー。

ご馳走さん、と。

さてと、アイスティーをおかわりするか。これが本来の目的だ。

 

バチカンの神父は、驚異的な観察力で、遺体が死後に移動されたことを発見した。

 

俺もラーメンからカレーに移動されている。奇妙な偶然だ。

 

奇妙ではなく単なるランチのはしごだった。

 

ふー。さてと、一息ついたことだし。

おい、会計だ。

あちらのレジでお願いします。

 

1000円です。

ほらよ。釣りはいらねーよ。これで、角川文庫でも揃えな。

次郎はキッチリ1000円札をレジに叩きつけた。

 

ウィーン♪

ふう。相変わらず暑いな。

次郎は足早に地下鉄の入口を降りて行った。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180627001418j:image

神保町ブックカフェ@神保町

店内広く過ごしやすいお洒落なカフェ。味は普通だが、つい長居したくなるソファ。ラーメン屋の後に最適。カレーもなかなかいけるので一軒目からも。

3.3次郎