食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

麺屋纏 ラーメン 新橋

f:id:hidekinghenry:20180601023732j:image

さ、て、と。

7時か。

 

次郎は新橋にいた。

今夜の仕事終わりは汐留だった。時刻は7時。そろそろ夕ご飯の時間だ。

 

新橋にはとんかつアオキができたらしいが、今日はそんな気分じゃねーな。

 

ん?なんだあそこは。

新橋烏森口からニュー新橋ビルをこえて左にまがったところに、ちょっとした人だかりがあった。

 

近寄ってみると、細い道に人が吸い込まれていく。次郎も覗いてみると。

f:id:hidekinghenry:20180601024242j:image

こんな細い道にラーメン屋か!これは匂うな。

麺屋纏か。

f:id:hidekinghenry:20180601024432j:image

なんだ?他の客は全員烏賊干し鶏白湯醤油ラーメンか。

よし、俺もそれにしよう。

1050円か、全部盛りだからな仕方ない。

 

 

お客様、カウンターどうぞ。

次郎は奥の席に座った。

 

 

はい、お待ちどお様です。

ごとり。

f:id:hidekinghenry:20180601024754j:image

なるほど。醤油味、少し濃そうだな。

f:id:hidekinghenry:20180601024852j:image

ほお。このスープ烏賊の出汁が効いてるな。

味は濃いが、脂切ってない。烏賊も具に入ってるな。

f:id:hidekinghenry:20180601025432j:image

麺は、細麺か。つるつるだな。しかし、濃い出汁には丁度いいな。合格だ。

f:id:hidekinghenry:20180601025521j:image

チャーシューは?

あっさり鶏肉か。淡白だが、悪くない。

そして、このメンマ。うまそうだな。

f:id:hidekinghenry:20180601025605j:image

うーん、醤油が効いて、柔らかくうまい。想像に違わないな。

 

 

ズルズルッ

 

ズズー

 

ズルズルッ

 

ズズズズー

 

ゲフ

 

ご馳走さん。と。

 

はー、うまかったな。あっと言う間だ。

またな、おやじ。

 

どーもありがとうございましたー。

 

 

この時期、夜風が気持ちいいぜ。

外に出た次郎。

 

 

さてと、このまま帰るか、または…

次郎は独りごち、新橋の喧騒に消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180601024754j:image

麺屋纏@新橋

烏賊の出汁の鶏白湯醤油ラーメンがイチオシ。色は濃いがそこまででもない、上品な味。チャーシューもタンパクだが悪くない。店の場所が少しわかりづらい。スープの濃い色に反して女性向きな一杯。

3.5次郎。