食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

本みやけ ステーキ・すき焼き 阪急梅田

f:id:hidekinghenry:20180519213035j:image

さてと、梅田に着いては見たものの…

次郎は仕事で大阪は梅田にいた。新大阪から御堂筋線で梅田にでた。

時刻は午後6時半。

そろそろ腹が減る頃だ。

 

さてと、街にでて行ってもいいが、当てがないな。むぅ。ここは阪急の下でも探してみるか。

 

次郎は阪急の食堂街へ降りた。時刻的には人が集まり始める頃。

 

む、あそこの洋食屋ロン、人が並んでるな。よし。

店の近くまで行って次郎は舌打ちした。

ちっ、列が柱の奥まで続いてるな。こりゃ並ぶ気が失せる。ダメだ。

再び店を探す次郎。そのうち、二、三人並んでいる店を発見した。

本みやけ…ふーむ、カウンター形式のすき焼きとステーキ重か。

少しググってみると、昼間はかなりの混雑を見せる店。またステーキ重は鰻重のような装いで味も甘辛との記述。

 

ココだな。

次郎は独りごちた。

 

次郎が最後尾に並ぶと前の客が入り、待ちは次郎のみ。

ついてるな。すぐに入れそうだぜ。

 

しばらくして次郎は店内に入った。

空いた狭めのカウンター席に座る。

右隣の女はすき焼き、左隣りの男はステーキ重だった。

f:id:hidekinghenry:20180519210838j:image

ふむ。これはステーキ重肉大盛りだな。

おい、ステーキ重肉大盛りを頼む。

 

ご飯どおします?

むぅ。

そんなに多くないですよ。

よし、ならばご飯もだ。

 

はいよ。

f:id:hidekinghenry:20180519210953j:image

次郎の目の前でうず高く積まれているステーキ肉。これが次々とフライパンに放り込まれていく。

 

俺もあんなふうに軽々と又易々と世間に放り込まれちまっているのだろうか…

そんな不安がよぎった頃、着弾した。

 

はいよ。

f:id:hidekinghenry:20180519211210j:image

おお。

美しい鰻重…いや、ステ重だ。そしてなかなかのボリューム感。

f:id:hidekinghenry:20180519211312j:image

赤く燃えるような肉。期待できるぞこれは!

 

お手並み拝見といくか。

f:id:hidekinghenry:20180519211428j:image

柔らかい。しかし適度に硬い。うまいじゃないか。そして、このご飯、まさに鰻重のようなタレがかかっていて後引く旨さ。肉との相性もピタリだ。

 

うまい!!

 

おっと。鰻重とくれば、山椒だよな。

次郎はカウンターに鎮座していた山椒をぶちまけた。

f:id:hidekinghenry:20180519211627j:image

なんという香り。

まるで鰻重だ。しかしステ重だ!

うまい。これはいける!

 

ムシャムシャ。

 

パクパク。

 

む、七味もあるな。ダブルアクセルだ!

f:id:hidekinghenry:20180519212122j:image

ぐお!思った通りの爆発力。さらに旨味アップ!

 

ゲフッ

 

あっという間の完食だった。

さすがアクセルをダブルで蒸かしただけあったな。

ふぅ。

 

隣のすきやき女はご飯を三杯目のおかわり。

俺の負けだよ、ねーちゃん。

次郎は聞こえるともなく独りごちた。

 

 

おい、会計頼む。

1430円です。

 

 

ほらよ。釣りで新しい重箱でも買いな。

キッチリ1430円を釣皿に叩きつける次郎。

 

暖簾をくぐり店を出た。

店を出て地上階に出ると、次郎大好物の大きめな本屋があった。

 

ほう。よし、ここで少し道草していくか。

腹ごなしの立ち読みタイムに深く嵌っていく次郎だった。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180519213317j:image

本みやけ@阪急梅田地下街

鰻重のようなステーキ重がうまい肉料理屋。肉大盛りと山椒はマストアイテム。お一人様にピタリ。混むので時間は晒したほうが良さそう。

3.6次郎