食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

ボンチ軒 とんかつ 淡路町

f:id:hidekinghenry:20180511003437j:image

新しいとんかつが食べたいな。

次郎は独りごちた。

 

どこかに…

そうだな、たまには山手線の東側を責めるのもいいか。

 

 

ほう。やまいちか。うまそうだな。行ってみるか。

次郎は丸の内線淡路町で電車を降りた。出口から徒歩2分ほどで件の店、やまいちにたどり着いた。

 

ぐ、電気が消えている。

しばらく休業します、との貼り紙。

 

はめられた…なんてことだ。

 

さてと、どーするか。

鬱陶しい雨が次郎の体を冷やす。

 

たしか淡路町にはもう一つうまい店があったな。えーと…そうだボンチ軒だ。ピンチに強いのが次郎さんの強みだからな。はは。

次郎は駅を挟んで対角線上のポイントに向かって歩き出した。

 

雨が鬱陶しい。

しばらくするとボンチ軒はひっそりと佇んでいた。

やはり、雨だしな、人通りが少ない。

f:id:hidekinghenry:20180511004255j:image

ガラガラ♪

いらっしゃいませ!

 

1人だ。

カウンターどうぞ。

次郎はカウンターに座った。

 

何かお飲み物は?

いらん。水をくれ。

はい。

 

さてと…

メニューを見る次郎。

 

おい、兄ちゃん。

特ロースだ。それにメンチコロッケを追加だ。

 

はいよ。

 

 

シトシト雨が降り続く。

雨がシトシト降り続く。

 

 

お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20180511004217j:image

ほう。なんだか上品だな。しかし、揚げ物は荒々しい。期待できる。

f:id:hidekinghenry:20180511004343j:image

でかいな。

まずは塩でか。

f:id:hidekinghenry:20180511003437j:image

ほう、良いピンク色だ。

おお、衣は薄めクリスピー。肉は食べやすく柔らかい。そして、少し甘い。

 

次はソースで、だな。

おお、この甘目のとんかつソース、辛子とあいまって、ロースかつととてもうまくマッチする。うまい。

さてと、今度はこのメンチコロッケだな。おお、これはメンチというだけあって肉肉しくてうまそうだ。

f:id:hidekinghenry:20180511005219j:image

どれどれ、じゃがいもは甘く、それとミンチ肉がちょうど良いバランスで混ざり、なんともう荒々しい。このとんかつソースにピッタリだ。やるな。

 

むしゃむしゃ

 

おい、キャベツおかわり。

はい、かしこまりました。

 

むしゃむしゃ。

 

むしゃむしゃ。

 

うー、うまい。

 

この豚汁も具沢山でうまい。とんかつ屋の豚汁はやはりうまいな。

 

むしゃむしゃ。

 

ゲフッ

 

ふー、食ったな。ご馳走さん。

 

おい、兄ちゃん会計だ。

はい。2942円です。

 

ほらよ。釣りはいらねーよ。それで、新しいお椀でも買いな。

次郎ほキッチリ2492円をカウンターに叩きつけ店をでた。

 

ラガラガ♪

 

しとしとしとしと…

 

雨は降り続いている。

肌寒いな。

 

よし、少し腹ごなしに歩くか。

次郎は神保町方面にゆっくりと歩きだした。

 

夏になるにはまだ暫く時間が必要だった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180511004217j:image

ボンチ軒@淡路町

この辺は有名なとんかつ屋が多い。側の神田も激戦区。ここのとんかつは特ロースが良さそう。衣はサクサククリスピー。柔らかく少しレア。塩とソースどちらもお勧め。醤油は言わないと出てこない。

3.6次郎