食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

ハンバーグ・ステーキ宮崎亭 池袋

f:id:hidekinghenry:20180424132836j:image

塩で食べるハンバーグか…池袋…少々遠いが…アリだな!

 

 

次郎は有楽町線に揺られていた。

江戸川橋護国寺。この辺りは古くは徳川綱吉の頃から栄えた街。護国寺境内には山縣有朋大隈重信の墓もある。

 

軽薄な池袋も、近間にこんな街があるのが不思議だな。次郎は独り車内で厳かな気持ちになった。

 

池袋についた次郎。

ふん、さっきの厳かな気持ちはどこへやら、だな。

カラーギャングで栄えた西口広場に出る。芸術劇場を横目に見ながら左に進むと、件の店はあった。

f:id:hidekinghenry:20180424133810j:image

 

おお、ここだな。

カランコロン♪

 

お一人様ですか?

みりゃあわかるだろう。

 

奥へどうぞ。

ふん。

 

次郎は着席し、メニューを見た。

むー、結構いい値段するな。ここは基本のハンバーグ160グラムだ。

 

はい、かしこまりまた。

 

サラダとスープです。

f:id:hidekinghenry:20180424134016j:image

お、このサラダ、ドレッシングがうまいな。和風ベースか。このコンソメスープもスッキリとして、前哨戦にはちょうどいい。

 

ハンバーグにお塩をお使いください。

きたな。

f:id:hidekinghenry:20180424134215j:image

おお、ジュージューといい音だ。これぞ鉄板の醍醐味。

 

さてと、どんな具合だ?

f:id:hidekinghenry:20180424132719j:image

おお!柔らかい。そして肉汁がじゅわータイプだな!うまそうだ。

 

次郎は何もかけず一口頬張った。

柔らかい!ほろほろだ。肉肉しさも失われていない。肉汁が口内で弾け飛ぶな。

 

よし、塩をつけてと。

ぐお!塩がこの肉を引き立てる

それにしても柔らかくジューシーだ。うまい。

 

この付け合せのソースは少し甘すぎるな。やはり塩だ。

 

むしゃむしゃ…

 

 

160グラム…

あっという間だったな。

 

次郎は水をがぶ飲みした。

 

おい。会計だ。

レジにお願いします。

 

1299円です。

ほらよ。

次郎は1299円5円玉と1円玉をコラボさせ、キッチリ支払った。

 

ふん。釣りはいらねーよ。それで南米の塩でも買いな。

コロンカラン♪

 

ふー。うまかったな。しかし少し高いな。

ライスを抑えた結果、まだ全然食えるな、池袋はラーメン激戦区だしな。どーするか…

 

ランチのはしごはまずいよなぁ。

うーむ…

 

次郎は軽薄な西口広場を横切り、ラーメン激戦区の東口へと消えていった。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180424132836j:image

ハンバーグ・ステーキ宮崎亭@池袋

柔らかくジューシーなハンバーグ。値段が高いのがたまにキズだが、うまいのは確か。昼は1299円で楽しめる。

3.6次郎