食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

馬子禄牛肉面 神保町

f:id:hidekinghenry:20180406210351j:image

次郎は神保町にいた。

金曜の夜。街は楽しげなサラリーメンであふれていた。

ふん、俺にはカンケーネー。

次郎は独りごちた。

 

オヤジの店に行こうとしたが…いつも昼時に長蛇の列ができている蘭州拉麺が今は空いている。どうするか…

よし、今夜はここだな。

次郎は横断歩道を渡った。

 

ガラガラ♪

いらっしゃいませ。

こちらでお待ちください。

 

次郎は席に案内されずに入口で待たされている。

なんだ、これは、席は空いているじゃないか!

早く入れろ!こら!

 

 

ふん、帰るか。

お客様どうぞ、ご注文を。

 

ん?なんだ、ここは先にレジで金を払うシステムか。早くそう言いやがれ。

 

お客様、ご注文は?

 

??というか一つだけかメニューは。

まずは麺を選ぶのか。

…スタンダードな細麺で。

 

次は…牛肉かパクチの大盛りを追加するかどーするか?

パクチ大盛りで。

 

以上だ。

 

1000円です。ほらよ。

釣りはいら…無いか。

次郎は千円札を渡した。

 

お客様、お席はこちらへ。

カウンターに案内された。

ティッシュは下に入っています。

あ、ああ。

 

とりあえず待つのみか。

 

 

お客様こちらへ。ティッシュは下に入っていますよ。

 

 

お客様こちらへ。ティッシュは下に入っていますわ。

 

 

お客summer こちらへ。ティッシュは下に入っていますよ。

 

ふん、なんだかティッシュの押し売りだな。客だって、言わなくてもわかるは!たわけっ!

 

 

お客様、お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20180406225512j:image

ほう。ビジュアルは綺麗だ。プーンとパクチーと麺の出汁の匂いがするな。牛骨だな。

 

さてと、

パクチーを投入して…

f:id:hidekinghenry:20180406225631j:image

塩味か。透明なスープだ。

ピリ辛だな。棘のある味でなかなかいい。パクチーもよく合うな。

さてと、

f:id:hidekinghenry:20180406225733j:image

柔らか細麺か。

ズルズルッ

ほう、やはり柔らかいな。外国のチャイナタウンの味だ。

 

店の奥では透明なガラス越しに店員が麺を打っている。これもオーストラリアのチャイナタウンでよく見た景色だ。

 

ズルズルッ

 

ズズズズー

 

ズルズルッ

 

ズルズルッ

 

ズズズズー

 

ズズズズズズズズー。

 

ふぅ。げふ。

ご馳走さん、と。

 

うまかったな。

中国は蘭州か。

どこだろうな。まぁいいか。

 

また来るぜ。空いてる時にな。

ありがとうございましたー。

ラガラガ♪

 

夜の神保町は相変わらず浮かれたサラリーメン、通称浮かリーメンで溢れている。

その間をずんずん掻き分けていく次郎。

 

ふん、今夜はヒトリーメンか。

次郎の渾身の呟きも靖国通りの喧騒へと吸い込まれていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180406225512j:image

蘭州拉麺 馬子禄牛肉面@神保町

中国甘粛省の蘭州のラーメン。牛肉とパクチーのラーメン。麺は柔らか小麦麺。味は日本とは違う中国の味。日本ではまだ新鮮。一時間も並んで食べるには値しないが、うまいのはうまい。ピリ辛で食べやすく後引く味。昼は劇混みなので夜がいい。パクチー増お勧め。

3.5次郎