食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

地鶏割烹稲垣 麻布十番

お、なんだここは。新しい店だな。

次郎は麻布十番商店街にいた。

 

ランチは親子丼とチキンカレーのみか。いさぎいいな。

よし、今日のランチはここにしよう。

 

エレベーターを5階まで上がるとその店はあった。

 

ウィーン♪

いらっしゃい。

お一人様ですね。テーブルにどーぞ。

おう。

 

 

店内はテーブルが三つ、カウンターが6席ぐらいの小さな店だった。夜は焼き鳥などがうまそうだが、ランチは親子丼とチキンカレーの二品のみ。

 

よし、親子丼で頼む。

はい。

 

しばらくすると着弾した。

f:id:hidekinghenry:20180330225556j:image

おお。良いビジュアルだ。

 

ズズ。

この吸い物。見た目以上に味が濃い。うまい。

さてと、真打の親子丼はどうだ?

 

まずは、山椒だな。

サラサラ♪

おお、いい匂いだ。

 

ほう、卵がトロトロだな。うまい。しかし、出し汁に味がしっかりついている。鳥も柔らかいがよく火が通っている。

これは当たりだ。

 

 …

 

うう、

あっという間に食べ終わってしまった。

 

量もちょうど良く、味のバランスが良い。

 

 

おい、にーさん、会計頼む。

ちょうど1000円です。

 

これで1000円とは…この場所ではリーズナブルだな。合格だ。

 

 

ほらよ、釣り…はないがな!

次郎はキッチリ1000円をカウンターに叩きつけた。

 

また来るぜ。

 

ウィーン♪

エレベーターがゆっくりと降る。

 

扉が開いた。桜の花びらが次郎の目の前を舞う。

足早に過ぎる春。

 

またすぐに夏が来ちまうな。

次郎は独りごちた。

 

次郎は再び麻布十番の街に迷い込んで行った。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180330225556j:image

地鶏割烹稲垣@麻布十番商店街

鳥料理の店。ランチは親子丼かチキンカレーの二択。いい味に仕上がってる。究極の親子丼などと言わない潔さ。また来たくなるピリっとした味。

3.6次郎