食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

ダンテ 鉄板焼き 赤坂

f:id:hidekinghenry:20180327001049j:image

ゴッ、ゴットハンド、まじかよ!

 

赤坂にある次郎のリスペクトするマッサージ師は神の手を持つ男。

その神が赤坂にある鉄板焼き屋ダンテを紹介した。

 

赤坂は値段の高い韓国料理屋はあれど、リーズナブルなものがない、ならば、ここのハンバーグは、行く価値ありますよ。

 

ゴッドハンドが言うなら仕方あるまい。その名もダンテ、かつてイタリアで神曲を作詞した偉人と、くしくも同じ名の鉄板焼き屋。行かない手はなかった。

 

よし、ここだな。

次郎は階段を地下へ降りて行った。

f:id:hidekinghenry:20180327001032j:image

いらっしゃいませ。

1人だ。

 

こちらへどうぞ。

次郎は誰もいない鉄板の前に案内された。

ま、まさか、ランチもここでやってくれるのか!

 

次郎の胸は高鳴った。

 

メニューにはステーキと、ハンバーグ、そして、ジャンボハンバーグがあった。

勿論オーダー は…

 

ジャンボハンバーグ。頼む。

はい、畏まりました。

 

頼むぞ。

 

 

 

早速肉が運ばれてきた。

f:id:hidekinghenry:20180327001342j:image

ほう、綺麗だな。そしていい量だ。これが焼かれるわけか。

f:id:hidekinghenry:20180327001416j:image

じゅわー♫

音がそそるぜ。

 

はい、キャベツです。

f:id:hidekinghenry:20180327001457j:image

まずは、これで繊維質を取るか。

うん。なかなかうまいぞ。

 

じゅわー♫

く、うまそうな色だ。

次郎は独りごちた。

f:id:hidekinghenry:20180327001555j:image

これで、蒸すわけか。

f:id:hidekinghenry:20180327001634j:image

楽しみだな。

f:id:hidekinghenry:20180327001708j:image

はいよ。

ぐお!熱々!タレがうまそうだ。

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20180327001741j:image

うーん、うまい。熱々。タレが染み込んで、肉も柔らか且つしっかりしたまとまり具合。さすが鉄板焼きだ。

うまい!

f:id:hidekinghenry:20180327001830j:image

おんざライス。基本だな。

うー、うまい。

贅沢だ。

 

しかも、味変のポン酢。

f:id:hidekinghenry:20180327001933j:image

ぐ、うまい。このタレはさりげない味だからポン酢のダブル味付けでも合う。

 

うめぇ。

 

ムシャムシャッ。

 

ふー、あっという間の完食だな。

しかも鉄板の上で最後まで熱々だ。

 

ご馳走さん。

 

1300円です。

シェフがやってくれて1300円。

お得だな。

 

ほらよ。

これで新しいヘラでも買いな。

次郎はキッチリ1300円をカウンターに叩きつけた。

 

 

あばよ。また来るぜ。

ありがとうございましたー。

 

ふー。

ゴッドハンドだけに神曲のダンテ。さすがのコラボだな。

 

次郎が地上に出ると、桜の花びらが目の前に舞い落ちた。

 

もう春真っ盛りだな。

自転車に乗る次郎。

春の風が桜の花びらを舞い散らせる。

 

まるでダイヤモンドダストだな。

次郎は独りごち、ミッドタウンへ自転車を走らせた。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180327002554j:image

ダンテ@赤坂

鉄板焼き屋のやるハンバーグ。老舗だけに夜は高いが昼はリーズナブル。贅沢さも合わせて味わえる熱々のハンバーグは必食。

3.55次郎。