食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

歓迎 羽根つき餃子 京橋

f:id:hidekinghenry:20180306154626j:image

次郎は上野に向かっていた。

しかし、その前に腹ごしらえだな。

 

上野は何も思い浮かばんしなぁ。とはいえ、浅草は行き過ぎだしなぁ。

 

よし、今日は京橋のスープカレーにでもいくか!

次郎は銀座線は京橋で途中下車した。

 

駅は駅ビルと直結していた。

ん?なにやら店が沢山あるな。少し覗いてみるか。

 

一階、地下一階とレストランが沢山、軒を連ねていた。

 

迷うな。

スープカレーはどーするかな…

いいか、たまには。

次郎はいくつか店を回ったあと、

 

よし今日は中華にするか!

そういうことになった。

 

1人だ。

こちらへどーぞ。

 

12時には少し早かったため、店内は空いていた。

 

さてと。

よし、餃子2人前。そして、この当店ナンバーワンのそぼろ丼を頼む。

 

はい、かしこまりました。

 

ふう。頼みすぎか。

まぁいい。

次郎は独りごちた。

 

はい、餃子です。

f:id:hidekinghenry:20180306153254j:image

ぐお!でかい!

やはり一人前でよかったな!

どれどれ。

おお、内側からつゆが溢れる。小龍包的餃子だ。熱々でうまい。皮はもちもちでぶ厚めだな。

うん、うまいぞ。しかし、2人前はきつい!

 

はい、そぼろ丼です。

f:id:hidekinghenry:20180306153455j:image

ぐお!来た!この目玉焼き!

間違いないじゃねーかこのビジュアル。

 

となると、これだよな。

f:id:hidekinghenry:20180306153539j:image

うおー、噴火だー!土石流だー!

うまそーだー!!

f:id:hidekinghenry:20180306153611j:image

どれどれ。次郎は土石流を丸ごと口に放り込んだ。まるで火の神だ。

 

ぐぁ!うまい!

とろとろの半熟卵、シャキシャキのインゲン、味の濃い挽肉、そしてご飯。

これは、なんのカルテットだ?ぁぁ!?

 

うまい!

 

ガツガツッ

 

ムシャムシャ。

 

ふー。

 

ダメだそぼろ丼は完食したが、餃子は食えねー。すまんな誰か。

 

 

ゲフッ

 

 

ふー。苦しい。

 

 

おい、会計だ。

2100円です。

 

ふん、まぁそんなもんだろう。

ほらよ。釣りはいらねーよ!

ダーシェ。

次郎はきっちり2100円をテーブルに叩きつけた。

 

さてと、これから俺はどこにいくんだっけな?

おお、上野か。

 

満腹ゆえ、もうどーでもいいな。

 

仕方ねえ。行くか。

 

次郎は地下鉄へ足早に消えていった。

 

春の陽光が京橋の街を穏やかに照らし出していた。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180306153411j:imagef:id:hidekinghenry:20180306153254j:image

歓迎@京橋

羽根つき餃子の店。しかし、ランチはなんといってもこのそぼろ丼。ガパオライスによく似ているが、ビジュアルが圧倒的でうまい。これを食べにまた来たい。

3.65次郎