食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

カレーショップ 涅槃 東北沢

f:id:hidekinghenry:20180307011430j:image

こんなちんまりとしていたとはな。

次郎は独りごちた。

 

次郎は友人に勧められたカレーショップを目指していた。

東北沢。ちんまりとした駅。まだ建て替えられたばかりで綺麗だった。

 

駅を出ると入り組んだ細い道が四方八方へと伸びている。空からは柔らかな陽ざしが小さな家々を照らしだしていた。

 

件のカレーショップはここから下北沢方面に旧線路沿いを歩き、少し右に逸れたところにあるらしい。

 

近くに下北沢の大きなビルが見える。駅間が近いが静かな街だった。

 

嫋やかな春の陽気を噛み締めながら、家々の間の細い路地をゆっくりと歩く。廃線となった線路の跡地がなんとなく悲しい。

 

なんだか、もう十分満たされた気分だな…

 

うおっと!ここか!!

f:id:hidekinghenry:20180303133907j:image

少し広目の道に出たところにそれはあった。

 

カランコロン♪

狭い店内。小さな券売機で食券を買った。

メニューは1300円のカレーか1500円のカレーセットの二つ。セットにはラッシーと副菜が2種類付いてくる。

ならば迷わずセットだな。

 

お好きな席へどうぞ。

次郎は奥の席へ着席した。

カレーが3種類ありますが、どちらになさいます?チキンニハリが基本になります。

 

チキンニハリ

和風黒キーマ

トマトパニール

 

の3種類あった。 

 

よし、次郎様は応用自在、

黒キーマ、トマトパニールの二つで頼む。

 

はい、かしこまりました。

 

あれのうち2つが、注がれるわけだな。

f:id:hidekinghenry:20180303141441j:image

次郎が厨房に鎮座しているカレー鍋をボンヤリと見ていると、新たな客が入ってきた。

 

いらっしゃいませ。常連客が、久しぶりなどと声を掛けているが、どこかで見た顔…

 

ほう、いぶし銀のメガネタレントだな。この辺はやはり業界系が多いようだな。

 

はい、お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20180303141704j:image

ほう、美しい。副菜も綺麗だ。

 

ご飯はトマトと野菜を入れて炊いてます。

 

なるほど。

では、黒キーマから。

f:id:hidekinghenry:20180303142129j:image

ほう!ピリリとして、キーマのそぼろが野生的だ。そして、後味が少し酸っぱいがそれが絶妙なハーモニーだ。口をさっぱりさせて後を引く。

f:id:hidekinghenry:20180303142326j:image

おう!このトマトは甘いな。しかし、口の中で咀嚼すると、なんとも言えない優しい味が広がる。これは黒キーマと絶妙のバランスを形成している。

いいじゃないか!

 

この副菜、どれもすこし酸っぱいが、さっぱりしてうまい。

 

全体で1500円は少し高いが。

 

お客様、こちらスタンプカードです。

三回来ていただくと、四回目はただになります。

 f:id:hidekinghenry:20180303144055j:image

ほう。

??

なんじゃそりゃ、かなりのサービスだな。つまり値段は3/4か。

 

オープンしたばかりなので。

 

なかなかの心意気。

どうりで店主の顔も黒いわけだ。

妙に納得する次郎。

 

さてと、ご馳走さん。

うまかったぜ。またくるよ。後三回はな。

 

カランコロン♪

次郎は店を出た。

店の前の道は狭いが、車通りが多くスピードも速い。

 

ふん、あぶねーな。

生き急ぐ者は死ぬのも早いんだぜ。

夜、星は輝くんだぜ。

 

相変わらず穏やかな陽光が次郎を包む。

 

冬過ぎて 春来たるらし しろたへの…

か。

 

次郎にそよ風が纏わりつくように吹きつけた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180303143233j:image

カレーショップ 涅槃@東北沢

インドカレーライスの店。かなり塾考されて作られていてうまい。後味が爽やかでヘルシー。女性が喜びそう。店にはなんとなく業界の匂いが。スタンプカードの特典がすごい。

3.55次郎