食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

らいむらいと 市ヶ谷

 f:id:hidekinghenry:20180227151617j:image

 

結構遠いな。どこだここは?

次郎はチャリンコを漕いでいた。

 

赤坂から永田町、麹町を超えて大妻女子大学の横あたりまできて、坂の多さにうんざりした。

 

2月の終わり、陽射しは柔らかに、風は暖かくなってきていた。坂道を登りきる頃には汗を掻くような気候だった。

 

もうすぐ春到来だな。

芽吹きそうな桜の木を見て、次郎は独りごちた。

 

そろそろ市ヶ谷だな。

 

ここを左か。

次郎は市ヶ谷方面に道を俺目的の店”らいむらいと”に向かっていた。

 

2週間程前、動き出しが遅く、いけなかったチーズハンバーグの店だった。

 

おお、こんなところに…

件の”らいむらいと”は、靖国通りから一本入った小道にひっそりと佇んでいた。

 

まだ、やってるな。よし。

カランコロン♪

 

外観とは裏腹に思いのほか店内は広かった。

何名様ですか?

1人だ。

 

…地下へどうぞ。

なに、地下もあるのか!

 

地下に案内される次郎。一階よりむしろ地下の方が広かった。店内には所狭しと椅子が並べられ、午後一時半も過ぎようというのにほぼ満席に近い。

 

ほう、人気だな。

 

さてと、次郎はメニューを開いたが、目当てのものをすぐに見つけ手をあげた。

 

ハイ。

チーズハンバーグ250グラムで。

ハイ、畏まりました。

 

サラダをどうぞ。

f:id:hidekinghenry:20180227141325j:image

は、はやいな。

どれどれ。

おお、これはあの伝説オニオンガーリックソースに近いな。いいぞ!

ひょっとしてハンバーグも…期待が高まるぜ。

 

カウンターの目の前で料理人が料理をしている。お洒落な作りだった。

f:id:hidekinghenry:20180227141439j:image

ハイ、チーズハンバーグ250グラムです。

おお、はやいな!オペが洗練されていると見た。

f:id:hidekinghenry:20180227141548j:image

f:id:hidekinghenry:20180227141553j:image

おお!

素晴らしいビジュアルだな。

どれどれ、

f:id:hidekinghenry:20180227141644j:image

うお、柔らかい!

しかし、肉肉しい。

そして、このソース。ガーリックがかなり効いている。単なるデミグラスではない。そして、チーズとのハーモニーが絶妙だ。

これは、ライスをこのソースにダイブエンローリングさせるしかあるまい。

おお!

ライスインザソース is amazing!!

次郎は独りごちた。

 

うまいじゃねーか!

f:id:hidekinghenry:20180227141936j:image

パクパク

 

むしゃむしゃ

 

パクパク

 

むしゃむしゃ。

 

ふぅ。

 

ごちそうさんと。

アッサリ食べきってしまった。

飲み物に近い食感だ。

 

なんとなく、客を店員が捌き慣れし過ぎてる感はあるが、この味で帳消しだな。

 

おい、会計だ。

1680円です。

 

ほらよ。釣りはとっときな。

次郎はカウンターに1680円をキッチリ叩きつけ、店を出た。

 

カランコロン♪

 

ふぅ。暑いな。コートはいらねぇな。

次郎はチャリンコの籠にコートを入れて、靖国神社方面に向かった。

 

目にはさやかに見えなども

 

…か。

 

次郎を過ぎ去っていく風は、春そのものだった。

 

続く。

 

f:id:hidekinghenry:20180227142523j:image

らいむらいと@市ヶ谷

ガーリックソースが美味しい洋食屋。チーズハンバーグをまずは食べるべし!スッキリと柔らかく旨い。

3.7次郎