食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

タージマハル 石和温泉

f:id:hidekinghenry:20180307011539j:image

ほうとう以外になんもねーのか?あぁ?

次郎は切れた。

 

次郎は昨夜石和温泉にきていた。そこで入ったほうとうの店。金曜19時。広い店内に客は次郎のみ。しかし、アルバイトの中国人女性留学生に無駄に切れる先輩日本人女性。

 

嫌なものをみせられたぜ。

ほうとうの味も忘れちまったな。

次郎は独りごちた。

 

さてと、今夜はどーするか…グルメサイトを見てもあまり良さそうなものはなかった。

 

次郎は仕事できていたデパートの従業員に聞くと、皆口を揃え、タージマハルがいいと言う。

 

なんだそりゃ?インド料理か?あぁ?

と聞き返すと、

カレーですよ。カレー。美味しいんですよ。

 

次郎はそんな会話を思い出していた。

 

しかし、わざわざ石和温泉でカレーか…まぁほうとうはもういいからな…

 

 

よし、行くか。

 

次郎はデパートを出て歩いた。甲州街道をひたすら歩いた。この道が東京まで続いてることがにわかには信じられなかった。

得てして偉業とはそんなものだ。普段使ってる者からすると当たり前にしか思えない。

すべての道は東京に通ず。

ってか!はは!

次郎の空笑いは甲州の空に空虚に響いて消えた。

 

 

f:id:hidekinghenry:20180224225909j:image

おぅ、ここだな。

店を見つけだした。

カランコロン♪

イラッシャリマセ♪

 

一人だ。

ハイ、コチラヘ。

f:id:hidekinghenry:20180224230027j:image

うお!誰だ!

焦るじゃねーか。壁一面サイババか!

 

ま、まぁいい。

席に着いた次郎。メニューを見た。

どれどれ。

f:id:hidekinghenry:20180224230120j:image

f:id:hidekinghenry:20180224230128j:image

うまそうだな。多種類ある。

悩むな……

よし、ここはタージスペシャルセットだな。

 

おい、タージ兄!

ハイ!

 

このセットだ。

カレーは、チキンサイコルマ、サグマトン、さらにはキーマナスも追加だ!それとオニオンナンとガーリックチーズナン、あとはマンゴーラッシーもな!

ハイ!

 

ふー。

 

しばらくすると、つまみが運ばれてきた。

まずはこちらで。

f:id:hidekinghenry:20180224230456j:image

ん?なんだこりゃ。ナンの乾燥したやつか。

どれ。

んー、味がするよーなしないよーな。

なんかあと引くな。

 

ハイ、タンドリーチキンです。

f:id:hidekinghenry:20180224230651j:image

おお、うまそうだ。

独特の味だ。うまいな。

ボリュームもある。

 

ハイ、マンゴーラッシーとカレーセットです。

f:id:hidekinghenry:20180224230809j:image

f:id:hidekinghenry:20180224230750j:image

おお!

なんと、綺麗な色合いだ。

 

ラッシーもうまい!!!

おかわりしたいな。

 

さてと、ナンはどーだ?

f:id:hidekinghenry:20180224231108j:imagef:id:hidekinghenry:20180224230926j:image

おお、このオニオンナン、中にまでオニオンがぎっしりだ!やるな!

おお、うまい!

ボリュームはピザ級だな。

 

どれどれ、カレーはと…

f:id:hidekinghenry:20180224231040j:image

おお、この赤いキーマ、辛すぎず、味はしっかりしてて、旨味もある。スパイスも効いてる。サグマトンはほうれん草が柔らかな味を出してるな。チキンサイコルマはバターが効いてて優しくてうまい。

 

ガーリックチーズナンはどうだ?

f:id:hidekinghenry:20180224231338j:image

ほう、うまいな。ガーリックが効いてる。チーズもいい。これはチーズナンが当たりだったか…まぁいい。

 

ムシャムシャ

 

ムシャムシャ

 

ムシャムシャ

 

ムシャム…

 

ダ、ダメだ、俺としたことが!

ナンのボリュームがあり過ぎてもう食えねー。

 

ナンを二つ頼んでる場合じゃなかったな。

 

おい、兄さん、ラッシーお代わり!

ラッシーは別腹だな。ははっ!

 

ハイ、ラッシーです。

早いな!ユリオカ超特急か!

 

???

インド人はハテナ顔をした。

 

ふん、ど阿呆め。

日本をもうちょっと勉強しやがれ。

次郎は独りごちた。

 

ゲフッ

 

もう限界だ。

 

 

おい、タージ、会計だ!

f:id:hidekinghenry:20180224230027j:image

いや、おまえじゃねーよ!

 

2200円です。

なに!あれだけ頼んでそれだけか!

コスパだな。

 

く、良い店だ。

次は腹と相談だな。

 

 

ほらよ、無駄銭はビタ一文払わねーぜ。

次郎はキッチリ2200円をレジに叩きつけた。

 

カランコロン♪

あ、暑い…

これはスパイスの仕業か、それともサイババの霊力か。

ま、どっちでもいいか。

 

次郎はにんにくの口臭を撒き散らしながら、石和温泉街に消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180224230750j:image

タージマハル@石和温泉

石和はインド人が多いらしい。なぜかは不明。しかし、ここはうまい。カレーの種類が豊富。味もコスパもいい。

3.5次郎