食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

かおたんラーメン 西麻布

さてと、待ち合わせのバーは…あの辺だな。

しかしな…バーに行く前に、やはり腹ごしらえだ。バーにはほぼ何もないからな。

次郎は独りごちた。

 

西麻布は一人飯屋は簡単には見つからないな。皆デートか会食だ。

 

ふん、偉そーに。

 

西麻布の交差点を青山通り方面に曲がるとローソンが見えてきた。

 

この先、星条旗通りに五行とかいうラーメン居酒屋があったな…しかしあそこは味が落ちて久しいしな。

次郎が考えながら歩いてローソンまで来た。そこをさらに星条旗通り側に折れたところで、一軒の外観の汚いラーメン屋が見えてきた。

 

ん?なんだありゃ。青山墓地の入口に。

ラーメン屋か。客は皆幽霊か?あ?

 

次郎が件のラーメン屋に近づいていくと。意外にも客がたくさん入っていた。

 

 

えい、ものは試しだ、

 

ギイ♪

ハイ、イラッシャイ。

 

一人だ。

 

奥ドーゾ。

 

見ると小汚い浮浪者のようなオヤジが陣取る奥の席を案内された。

 

くそ、あんな臭そうなやつの前で飯が食えるかっ!

こりゃ出るか?

 

店員はにこやかにその浮浪者紛いと喋っている。

 

なんだ、ここは。別天地か!

仕方ない。

次郎はこの古狸の目の前に座るのを避けて斜めに座った。

 

さてと、幽霊ラーメンはどこだ?あ!?

メニューが壁に貼ってあった。

 

なんだ幽霊ラーメンがねぇじゃねぇか!

ええい、ラーメンだ!

それに焦がしネギをいれやがれ!

 

ハイよ♪

 

次郎の前に座る古狸を見ていると、やけに店員と馴れ馴れしい。更には他の客が帰ったとき、ありがとうございますと大きい声で叫んだ。

 

な、なんだ、まさか、、、

 

いらっしゃいませー(野太い声で)

ははははー(野太い声で)

 

まさか、店のオーナーなのか!

知らねーが、なんじゃそらー!

 

オ待タセシタシタ。

次郎が驚愕している間にラーメンが着弾した。

f:id:hidekinghenry:20180212151454j:image

ほう。醤油スッキリ系か。

次郎はスープを啜った。

ほう。なかなかいいぞ。合格だ。

う、すごい焦がしネギだ。こりゃ臭くなるな!はは!

 

どれどれ麺は?

f:id:hidekinghenry:20180212151628j:image

ほう。細麺だな。これも合格だ。

ズルズルズルッ!

いい腰だ。

 

なんだか食べるごとにクセになる味だ。なかなか良いぞ。

 

ズルズルッ!

ズズズー!

 

ズルズルッ!
ズズズー!

 

ズズズズズズー。

 

ふぅ、案外いけたな。

ご馳走さんと。

いくらだ?

 

850円デス。

 

意外とたけーな。

まぁいい、ここはキッチリ払わせてもらおうか。

次郎は100円玉8枚と10円玉5枚を古狸の前に叩きつけた。

ふん、それでシャンプーでも買いやがれ!

 

 

ギイ♪

 

 

ふー。

さてと、行くか♪

コートの襟を立てる次郎。

 

 

まるで東京カレンダーに出てくる外資系金融マン気取りで、西麻布界隈の怪しげなバーに向かうのだった。

 

お客さん、マフラー!(野太い声で)

 

 

うぉ!

次郎は恥ずかしい思いで振り返った。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180212174916j:image

かおたんラーメン@西麻布

西麻布を根城にしているやつらの間では有名なラーメン屋。これがまた意外とうまい。サイドメニューも割といける。

たまに確かめたくなる濃い味醤油ラーメン。

3.5次郎