食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

めし おなが鳥 原宿

次郎は寒波吹きすさぶ中、原宿を自転車で疾走していた。

折からの大寒波。残雪が凍結し、悪条件の中の運転。二輪の走行は骨が折れた。

 

うぉっと!あぶねー

もう少しで人生をフイにしちまうところだったぜ。

神宮から原宿に向かう交差点で自転車を立て直す次郎。

ふと見ると、怪しい看板があった。

 

めし

 

と大きな文字でかかれてあり、おなが鳥という文字も見える。店構えは決して綺麗とは言いづらい。この店の他はオフィス街で何もない。

 

ちょっくら冒険してみるか。

次郎は独りごちた。

 

ガラガラ♪

店内はカウンターが6席、テーブルが3つ。老夫婦での経営だっ。旦那が料理を奥さんが給仕を担当していた。

先客は2組。常連のようだった。

 

おお、昭和だな!

次郎は心が踊った。カウンターに座ると年季の入ったメニューが貼ってある。棚にはおばんざいのように惣菜が置かれている。

良い感じだ。

f:id:hidekinghenry:20180125122038j:image

f:id:hidekinghenry:20180125122059j:image

f:id:hidekinghenry:20180125122112j:image

迷うな。

よし、ここは、塩鮭焼定食と生姜焼き単品、それと豆もやしを頼む。

 

はい。

 

奥さんが旦那に伝える。

 

しばらくすると定食のつけ野菜が出された。

f:id:hidekinghenry:20180125122252j:image

ほう、豆腐にマカロニサラダ、おしんこか。

いいな。

 

ほう、この木綿豆腐、しっかりしててうまい。マカロニも普通だが悪くない。

 

はい、豆もやしです。

f:id:hidekinghenry:20180125122409j:image

お、韓国料理のようでうまそうだ。

 

ほう、シャキシャキしてて、味付けもいい。

 

先に生姜焼き上がりましたー。

f:id:hidekinghenry:20180125122501j:image

おお、丁度いい量だな。

甘い系だな。家庭の味がするな。なかなかうまい。

f:id:hidekinghenry:20180125122940j:image

ご飯とみそ汁も提供された。鮭の焼き上がりがまだだったので、まるで生姜焼き定食だった。

 

まぁいい。うまいな。

 

はい、鮭です。

f:id:hidekinghenry:20180125123038j:image

おお、これまた家庭的な。

お、うまい。鮭だ。

ご飯が進むな。

 

ふぅ、ご馳走さん。

うまかったな。一人飯には丁度いい。

1800円です。

 

夜だしな、そんなもんだろう。

 

ほらよ。釣りはいらねーぜ女将さん。

次郎はカウンターに1800円を叩きつけた。

 

毎度あり。

 

既に店はオーダーストップ。暖簾が中に入っていた。

 

ガラガラ♪

 

ぶるる!

さぶっ!

なんじゃこりゃ!マイナス1度。

 

こりゃ道が凍るな。

 

次郎は舌打ちさながら自転車に乗り、危なげに坂を下っていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180125122940j:imagef:id:hidekinghenry:20180125123038j:image

 めし おなが鳥@神宮

暖かな町の定食屋。家庭の味に回帰したいときに利用できる。優しい味。リーズナブル。ついつい小皿を頼んでしまい、結局夜は2000円前後いってしまう。しかし、また再訪する予感大。

3.5次郎