食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

天富 天ぷら 北新地

次郎は仕事で大阪に来ていた。

今夜は会議からそのまま会食があった。

 

ふぅ。もう昼か。ホテルにチェックインする前に北新地で腹ごしらえと行くか。

さてと…

 

北新地には次郎の心をくすぐるランチ営業の店がたくさんあった。夜は値の張る料理を出す店がランチはリーズナブルに同じもの提供する。

次郎の胸は踊っていた。

 

北新地の裏道を歩く次郎。妙な看板があった。

む。

f:id:hidekinghenry:20180115122001j:image

潔ぎいいな。二種類だけか。俺の嗅覚が告げている。入れと。

一瞬逡巡したあと、次郎は店に向かった。

f:id:hidekinghenry:20180115122127j:image

密やかな店構え。期待できる。

 

ガラガラ♪

いらっしゃい。

一人だ。

どうぞ。

次郎はカウンターに案内された。中は8名ほど座れるカウンターと小上がりがあった。

 

さてと、夜は会食だしな…

 

店主、上天丼で。

迷うことなく言い切った。

 

はいよ。

店主は小気味よく素材を鍋に投入していく。

 

次郎はその手さばきを見ながら目を閉じた。

隣のオヤジたちが仕事の愚痴を言っている。

 

昼間からド阿呆が。おやじの愚痴など誰も聞きたくないわ。

 

待つこと12分。

はいよ。

ボリュームのある上天丼が着陸した。

f:id:hidekinghenry:20180115122712j:image

ぬお!さすが上!

f:id:hidekinghenry:20180115122743j:image

味噌汁と漬物も旨そうだ。

 

まずは、目玉の海老か! 

ぐ、うまい。関東風ということだか、この甘じょっぱいタレが効いてるな。衣もタレがかかっているもののサクサクしてる。海老もプリプリだ。

f:id:hidekinghenry:20180115122802j:image

うまいぞ店主!

ありがとうございます。

そして、他はなんだ?

かぼちゃ、穴子白身魚、玉ねぎ、ちくわ、ベビーコーン、もう1本海老。

すごいボリュームだ。

そして、この、タレ飯がうまいんだな。

f:id:hidekinghenry:20180115123137j:image

たまらんな。穴子白身魚もうまいな。野菜もいける。当たりだ。

 

さすが俺の嗅覚だ。

次郎は独りごちた。

 

ゲフッ

 

あぁ、さすがに満腹だな。

 

ふぅ、汗を掻いてきたぜ。

夜の会食までに腹が減るかどうか…

まぁいいか。

 

おい、店主会計だ。

1800円になります。

流石に上はランチにしては高いがこれなら仕方ないな。

 

ほらよ、釣りはとっときな!

次郎はキッチリ1800円をカウンターに叩きつけた。

 

ガラガラ♪

汗を掻いた次郎には冬の外気が心地良い。気がつけば店は満席だった。

いいタイミングで入ったようだな。これはついてるぜ。

 

さてと、ホテルにチェックインといくか。

次郎は北新地の路地に消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180115123614j:image

天富@北新地

こじんまりとした夫婦経営の天ぷら屋。うまい。衣さくさく。夜は高そうだが、ランチは割安。海老と天ぷらのタレがうまい。再訪必至。

3.7次郎