食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

吉田商店 函館

久しぶりだな。 

次郎は独りごちた。

 

次郎は故郷の函館に来ていた。

年末の函館はマイナス2度。雪に覆われていた。

 

今年は雪が多いようだな。空港では懐かしい函館弁が聞こえてくる。

 

朝の飛行機が早かったせいで何も食べていない次郎。

ホテルに行く前に、まずは腹ごしらえだな。

 

タクシーに乗り込む次郎。

おい、吉田商店まで頼む。

へ?それは…

 

スープカレーの吉田商店だバカ野郎。それぐらいわかれ。

は、はい。かしこまりました。

タクシーは雪道を滑り出した。

 

懐かしい景色が次郎の目を通り過ぎて行く。

あまり変わっていないようだ。

次郎が函館にいたのは10年前。吉田商店に毎日のように通っていた。次郎のスープカレーの原点だった。

 

はい、着きましたよ。

1930円です。

釣りはとっときな。

キッチリ1930円運転手に渡し店に入っていった。

 

ガラガラ♪

いらっしゃい。

一人だ。

学校の教室ような店内。

次郎は席に着くと、出席簿のようなメニューを開いた。

f:id:hidekinghenry:20180102120302j:image

ここは角煮カレーに決まりだな。それに、餃子と納豆トッピングだ。

おい、ねーちゃん。

はい。

角煮カレー、餃子、納豆、焼きチーズトッピングだ。辛さは4だ。

はい。

 

ふん。ねーちゃんはロッカーか。金髪だな。

次郎は10年前を思い出しながら目を閉じた。

 

 

はい、お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20180102120750j:image

ぬお!ついに来たか!

ビジュアルは変わってないな。

まずはスープか。

f:id:hidekinghenry:20180102121545j:image

うーん、サラサラ系だな。うまい。変わらないうまさだ。味もしっかりついてて素材の旨さを引き出すな。

そして、納豆だ。これがまたスープの角を取りまろやかにする。飯が進むな。

f:id:hidekinghenry:20180102121617j:image

いよいよ、角煮だ。

f:id:hidekinghenry:20180102121841j:image

くー、味がタップリ染み込んで、適度な歯ごたえ。パーフェクトだ。

 

変わらぬ旨さだ。俺のスープカレーのオリジンはやはりこの店だな。

 

ゲフッ

ご馳走さんと。

 

おい、会計頼む。

はい。2250円です。

 

ほらよ。釣りでその髪をまた金髪に染めるがいい。

 

はい、ちょうど頂戴します。

 

ガラガラ♪

おおぅ、寒い。さすが函館。俺の街。

さてと、湯の川温泉にでも入るとするか。

次郎はひとりごちた。

 

路面電車に乗り、次郎は温泉街へ消えていった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20180102120750j:image

吉田商店@函館市

サラサラ系スープカレー。素揚げの野菜がタップリでスパイスも効いている。チキンもポーク角煮もしっかり煮込まれスープとうまく絡み合う。揚げ餃子と納豆が最高にマッチ。函館のスープカレーのオリジン。病みつきになる味。

4.2次郎