食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

メルシー 早稲田

ふー、結局早稲田まで来ちまったか…

 

夜飯を探して半蔵門線に乗ったものの、行き過ぎた神保町を避けると、結局九段下で東西線に乗り換え、早稲田で下車してしまった次郎。

 

駅をでて、東京らっきょブラザーズをチラ見し、ラーメン武道家を覗いて諦め、キッチンおとぼけのインド人を一瞥をくれ歩き回ること15分。

 

気がつくとある店の前に立っていた。

f:id:hidekinghenry:20171118145645j:image

大学生時代によく通ったラーメン屋。昔は一杯380円とめちゃ安かった。

次郎は郷愁に吸い込まれていった。

 

ガラガラ♪

いらっしゃいませ。

一人だ。

どうぞ。テーブルに腰かけた。

f:id:hidekinghenry:20171119233259j:image

昔とほぼ変わらないメニュー。

ラーメンは400円か。20円の値上がりか。

 

よし、おばちゃん、ラーメン一つ頼む。

はいよ。

 

次郎は学生時代に想いを馳せた。

若かったな。若さだけが取り柄だった。大食らいだった。安い飯をしこたま食べることだけが人生の中心だった。

 

はいお待たせ。

おお、来たか!

f:id:hidekinghenry:20171119233537j:image

変わってねー。嬉しいぜ。

味はどうだ?

ズルズルッ

 

おお、変わってない。淡白な醤油味。少し化学調味料のきいた辛さがたまらん。ここにラー油をぶち込んで更に確変だ!

 

ズルズルッ

 

うまい。懐かしい。

 

ズルズル、ズズズズズズッ

 

 

ズルズルッ

 

ぷはー、一気に駆け抜けた。

 

汗が吹き出る。

なぜだか泣ける味。タオルで汗も涙も拭き取った。

 

ふー、ご馳走さん。

キッチリ400円を置いて席を立つ次郎。

 

おばちゃんありがとよ。

 

ガラガラ♪

 

外に出ると、現実が押し寄せる。

財布をしまう手に刻まれた皺の数が時の経過を物語る。

 

ふー。

また始めからやり直すかな。

次郎は独りごちた。

 

懐かしい町の匂い、懐かしい風が次郎のそばを吹き抜けた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171119234049j:image

メルシー@早稲田

早稲田生のほぼ100パーセントが知っているラーメン屋。懐かしの中華そば。そして安い。たまに無性に食べたくなる。次はチャーハンもいこう。

3.6次郎