食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

かみむら タワー天丼

雨が降っていた。

風が強く、雲はどんよりとしたグレーに染まっていた。

 

次郎は押上駅を降りた。

ここで、人と会う約束をしていた。

 

時刻は13時。

駅を出るとすぐに巨大なスカイツリーが次郎の前に現れた。

しかし、雲がタワーの途中から天辺を消していた。

まるで近未来の世界だ。

次郎は独りごちた。

 

ふん、約束にはまだ少し時間があるな。昼だしな、よし何か食うか…

下町だしなぁ、ツリーの喧噪はうっとおしいし、何かないか…広い靖国通りを暫く浅草方面に歩くと、風情のある暖簾が見えた。

f:id:hidekinghenry:20171023145302j:image

蕎麦屋か…ん、これは天ぷらか……!?

なんだこのタワーは!

 

天丼のレプリカに目が止まった。

スカイツリーではない。しかしエビが上に向かって突き刺さっている。

 

よし。ここだな。今日は。玉には冒険だ。

 

 

ガラガラ♪

はい、いらっしゃーい!

元気なおばちゃんの声が響いた。

 

一人だ。

そこの席にどうぞ。

 

昼を過ぎ雨が降っているからか、意外と空いていた。

f:id:hidekinghenry:20171023145247j:image

メニューを見た。

これか…

 

よし、おばちゃん、タワー丼で。それともつ煮込みも頼む。

 

はいよ。

 

次郎は目を閉じた。

 

はい、タワー天丼お待たせー。

f:id:hidekinghenry:20171023145350j:image

ぬぉ!

た、タワーだ。憧れのタワマンだ!

f:id:hidekinghenry:20171023145420j:image

指でその長さを表現しようとしたが、遠近法で逆に小さく見えてしまう。

ええぃ、まぁいい。とにかく味見だ。

 

はい、もつ煮込みね。

f:id:hidekinghenry:20171023145523j:image

 おぉ、これは美味そうだな。

 

いや、兎に角タワマンだ!

 

タワマン三棟を天丼の蓋に倒し、つゆをたっぷりかけた。タワマンはアッサリ倒壊した。

 

ふん、耐震性は低いようだ。

次郎沖地震の破壊力を見せつけてやろう。

次郎は独りごちた。

 

むしゃむしゃ。

バリバリ。

 

瞬く間に海老タワーはぐしゃぐしゃになった。

味は…予想通りか。

まぁ悪くない。

 

もつはどうだ?

これも悪くはないな。

 

 

むしゃむしゃ

 

 

さすがに三棟目の海老タワーの味には飽きて来た次郎。大根おろしと七味で味変し、平らげた。

 

ゲフッ

ふー、食ったな。

 

さてと、お勘定頼む。

はい、2400円です。

 

まぁタワーが1800円だからな。しかたねぇ。

ここに置いとくぜ。釣りはとっときな!

 

キッチリ2400円をテーブルに叩きつけた。 

 

ありがとうございましたー!

 

ガラガラ♪

空を見上げる次郎。

 

うっとおしい雨はまだ降り止まず、タワーも未だ途中から消えたまま。

 

…俺もこのまま世界から消えちまはないようにしないとな。

ブルッ

 

相変わらず強い風がねっとりと次郎にまとわりついた。

 

遠くに次郎を見る人影が見える。

手に持つ傘はやけに紅く輝いて見えた。

 

まるでモノクロ映画の中で、そこだけ色を消し忘れたかのような綺麗な紅だった。

 

次郎はゆっくりと手を挙げた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171023145350j:image

かみむら@押上

タワー天丼で有名?な蕎麦屋

味はまあまあ。フォトジェニックな天丼は話の種になるかな。

3.3次郎