食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

赤坂一点張 炒飯

牡蠣は美味かったんだがなぁ。

次郎は独りごちた。

 

オイスターバーに行くとやはり牡蠣ばかり食べてしまい、他のものをあまりたべられない。

食べたくて行ったのに結果飽きている。大概の店は他のメニューが牡蠣料理ほど充実していない。そんなジレンマである。

 

赤坂のオイスターバーを出た次郎。

すぐそばに木造のファサードのある店がある。

扉に一点張と書いてあった。

 

ん?なんだこれは。しかも出口専用か。

気になって回り込んで見るとラーメン屋だった。しかも満席。時刻は21時30分。

 

サラリーメンが締めの一杯に集まる場所か…大概大したことないんだよな。こういう店は。

 

しかし、牡蠣料理ばかり食べていた胃は他のものを、とりわけガツンとしたものを欲していた。

 

えい、ままよ。

ガラガラ♪

次郎は重い扉を開け放った。

 

いらっしゃい。

狭いがカウンターしか空いていない。

まぁいい。

次郎は所狭しと隣のデブリーメンを押しのけて座った。

 

ラーメン屋に入ったものの、ラーメンよりも炒飯に惹かれてしまう次郎。

 

うーむ、どうするか…

 

ふと隣のデブリーメンを見ると大盛りの炒飯を幸せそうにかきこんでいる。

 

く、こりゃ炒飯だな。

 

おい、おやじ。

炒飯中盛り。それと、餃子。さらに、チャーシューだ!

 

はいよ!

 

水を入れ、次郎は目をつぶった。

 

はいお待ち。チャーシューね。

f:id:hidekinghenry:20171018125114j:image

ぐ、辛くてうまそうだな。

ぐしゃっ。

ほう。ちょうどいい硬さだ。下のモヤシと豆板醤が心地よい。うまいなこれは。

 

はい、炒飯とスープね。

うまそうだ。

む、これは、こうしたらもっとうまくなるのでは…

次郎はチャーシューを炒飯に乗せた。

おお、うまそうだ。

f:id:hidekinghenry:20171018125421j:image

どれどれ。

ぐおっ、うまい。炒飯にはもともとチャーシューが入っているが、更にオンするとよりニクニクしさが溢れる。

うまいぞ!

そして、更に追い豆板醤だ。

 

ぐぁ、うめー!うめーよオヤジ!

はい、餃子ね。

f:id:hidekinghenry:20171018125536j:image

お、忘れてた。デカイな!

なんじゃこりゃ。

 

ハフハフッ

 

うまいなこれも。

炒飯のスープあっさり魚出汁でいい口直しだ。

 

当たりだな。これは一軒目でもいいぞ。

 

むしゃむしゃッ

 

ズズズッ

 

むしゃむしゃッ

 

ズズズ

 

 

ゲフッ

 

 

ぐあ、口が餃子臭!

まぁ、それもいいか。

次郎は独りごちた。

 

よし、オヤジ会計だ。

2400ね。

 

ビールも飲んじまったし仕方ねーな。

ほらよ。釣りはとっときな。

次郎はキッチリ2400円をオヤジに渡し店を後にした。

 

ガラガラ♪

 

うぉう、あぶねーな!

 

店にはどんどん締めリーメン達が押し寄せる。入って来る客を押し分け赤坂駅に向かう次郎。

 

一陣の冷たい風が次郎の横をすり抜けていった。

 

さぶっ

 

秋はすぐそこまで来ていた。

 

 

続く

f:id:hidekinghenry:20171018184658j:image

f:id:hidekinghenry:20171018184607j:imagef:id:hidekinghenry:20171018184644j:image

赤坂一点張@赤坂

味噌ラーメンの店らしいが炒飯が絶品。おつまみチャーシューとともにどうぞ。ジャンキーにうまい!!サラリーメンの味方。

3.7次郎