食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

Shanti 原宿店

 

いやー、よく泳いだ。

仕事後、時は夜9時。次郎はジムのプールで泳いでいた。

 

9時か…さてと、原宿あたりまで行ってみるか。

次郎は独りごちた。

 

自転車で明治通りのいくつかの坂を登り下りすると裏原宿に至る。

そこから怪しい店がたくさん出てくる。

次郎は古めかしい居酒屋に目を引かれて自転車を止めた。

しかし、よく見るとスープカレーの文字。

何っ!原宿にスープカレー。Shanti とある。

これは、渋谷にあるやつか、味は普通だったな。しかし、ここは何かを感じる…えい、ままよ!

次郎は店に突入した。

 

カランコロン♪

 

客はあまりいない。

ミスったか…

 

4人席に通される次郎。

f:id:hidekinghenry:20171012231858j:imagef:id:hidekinghenry:20171012231907j:image

サイドも行くか。

次郎は独りごちた。

 

おい兄ちゃん、注文だ。

はい。

 

スープカレー曼荼羅スペシャル。トッピングは納豆だ。それとキノコとベーコンだ。

 

はいかしこまりました。

 

曼荼羅スペシャルは野菜多種とチキン。

キノコとベーコンはその名の通りを炒めたもの。

 

次郎は目を閉じた。

 

はい、キノコとベーコンです。

f:id:hidekinghenry:20171012232926j:image

ほう。見た目は普通だが…おぉ、味が濃くてうまい!予想外だ!俺の嗅覚は間違ってなかったか!

 

はい、曼荼羅スペシャルです。

f:id:hidekinghenry:20171012233029j:image

f:id:hidekinghenry:20171012233034j:image

おお、これはボリューム満点だ。納豆は入れてきてほしかったがなぁ…まぁいい。

次郎は納豆をかき混ぜスープカレーに投入した。

 

さてと。

まずはスープか。

うーん、濃厚だな。うまい。

チキンはと…

むっ、ほろほろだな。うまいぞ。

人参もパプリカもシャキッとしてていい。

納豆も合格だ。

うん、これはうまい。断然原宿店だな。

掘り出しもんだ。

 

ズズズッ

 

グシャッ

 

ズズズ

 

ザクッ

 

ズズズ、ズズズ、ズズズズズズー。

 

ぷはー。うめー。良い辛さだ。スパイスが効いている。

 

ズズズズズズー。

 

ゲフッ

 

ごちそうさんと。

 

ふー、2000円か。まぁそんなもんか。

おい、兄ちゃん、会計だ。

 

2020円です。

 

ほらよ。釣りはいらねーぜ!

キッチリ2020円を置く次郎。

 

もう22時半か…

汗もかいたことだし、風呂にでも入るか。

次郎は自転車に乗り、表参道方面の坂を登っていった。額から汗が噴き出してくる。

 

秋はまだまだ遠い夜だった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20171012233034j:image

Shanti@原宿

渋谷店より断然うまい。ここならまた来たい。濃厚でピリッとくるスープに野菜とチキンがうまくマッチしており、箸が進む。

 

3.6次郎