食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

Tinel Restaurant そして Bistro Skalinada スプリット

 さて、夜は何を食べようか。

と言っても午後6時。いつもの夕食には少し早い。しかし、食い倒れると決めたからには行かねばならん。

次郎はディオクレティアヌス帝宮殿跡から少し南西に位置する店にTinelに言ってみることにした。そこではスキャンピが食べれるらしい。

 

夕暮れの港町スプリットはとても美しい。

f:id:hidekinghenry:20170902195107j:image

うーん、さぞ海鮮はうまいことだろうな。

次郎は独りごちた。

 

大通りから一本小道に入り少し登ったところに件の店Tinel Restaurant はあった。

 

Good evening

一人だ。

店内は小綺麗な今風のインテリア。

 

まずは白ワインだ。

Sure.

f:id:hidekinghenry:20170902195310j:image

美しいダルマチア産の白ワインが出された。

んー、まるでシャルドネだ。しかも少し甘い。最高だな。

これは期待できるぞ!

 

ウェイター!

スキャンピのトマト煮とムール貝のガーリック蒸しを頼む。それとシーフードクリームスープも。Yuriokaでな。

Sure.

 

何がシュアーだ。意味もわからないくせに。

まぁいい。

 

次郎がワインを堪能しているとスープがやってきた。

The first, seafood soup.

f:id:hidekinghenry:20170902195857j:image

ぐぉ、うまそうだ。

どれどれ。うぅ、うめぇ。なんだこれは。クリームとイカが絶妙だ。出汁はイカだけじゃねぇな。くー。やばいな一品目から。

 

 

 

スープを食べ終わるころムール貝とスキャンピがやってきた。

Mussels.

f:id:hidekinghenry:20170902195740j:image

ぐぉ、

Scampis Enjoy!

くそ、命令するなと言ってるだろうが。

し、しかし、このボリュームはやばいな。

f:id:hidekinghenry:20170902200117j:image

 

どっちから食っていいかわからん。

よしまずは、ムール貝だ。

ほう、この店の方が身がでかいな。しかし、やはりうまい。出汁は半端ないな。海の味がする。

そして、行くか。

f:id:hidekinghenry:20170902200149j:image

で、でかい、こんだけいるとなんか怖いな。ヨシ、行くぞ。

バリバリ、ギュー

 

おぉー、このトマトソースがやばいな。スキャンピの出汁が出まくってるじゃねーか。スキャンピもうまい。これはなかなか本国では食えねーな。中身もしっかりしてる。たまらん…

 

白ワインがまた合うな。

 

バリバリ、ギュー、

むしゃむしゃ

 

バリバリ、ギュー

 

なんだか食い疲れたぜ。

ここは当たりだな。

 

ゲフッ

 

ウェイター!

チェックだ!カードでな!

 

Sure.

 

サクッと会計を済ませる次郎。

ふー、最高だっ…!

あぁ、スキャンピの赤いタレがお気に入りのTシャツに!!!

 

くそっ、えぃ、ままよ。

このまま街を徘徊してやらぁ、覚悟しろ!

誰にいうでもなく、次郎の捨てゼリフはローマ時代の遺跡の壁に吸い込まれていった。

 

ふー、もう夜か、よし、リゾットでも食べに行こう。

 

次郎は再び歩き出した。

なかなかいい店が見つからないな。

すると、細い階段状の路地に店構えのあるレストランがあった。Bistro Skalinadaとあった。

 f:id:hidekinghenry:20170902203609j:image

ほう、なかなかいい雰囲気じゃねーか。

お、リゾットがあるな。しかし、ここはイカ墨はないな。その代わり…海老とトマトソースのリゾット、フロマージュ添えか。よし、これだ。

 

おい、一人だ。

次郎はウェイトレスに声をかけた。

Yes, upside table pleases.

お、おう。次郎は席に着いた。

f:id:hidekinghenry:20170902201222j:image

 

次郎は席に着くやいなや、

このリゾット、それと白ワイン、アイスティーもな。yUriokaで。

TKの歌のような感じで言ってみた。

即座に無視され、ok とウェイトレスは立ち去った。

 

しかし、すぐさま白ワインとアイスティーを持ってきた。

 

 

なに、ユリオカだな。褒めてやろう。

f:id:hidekinghenry:20170902201152j:image

くー、これまたうまいワインだ。少し黄色ががっている。深い味わいだ。

 

 

かゆっ!

ここは外だから蚊も多いな。俺の血はうまいだろう。当たり前だ、このカスが!死ね!

次郎は蚊を渾身の一撃で葬り去った。

 

蚊と格闘しているうちに、ユリオカのウェイトレスが再び登場した。

Shrimp and tomato risotto. Thank you.

f:id:hidekinghenry:20170902201515j:image

これは、うまそうな。

真ん中のフロマージュチーズもたまらんな。

 

どれどれ。

ほう、イカ墨と違ってマイルドだが味は濃い。海老もうまい。このチーズが塩を包み込む。腹一杯だったのにいけちまうな!

 

オラッ!

再び蚊を叩き落とした。

 

くー、うめぇ!うめぇよねーちゃん!

f:id:hidekinghenry:20170902201711j:image

 

 

ゲフッ

 

うー、もつ食えねー。むしろ寝みー。

食欲が満たされ催眠を欲してきた。

昼間はアドリア海クルーズで疲れている次郎。

 

よし、会計だっ!

Sure.

 

いやー、食ったなぁ。

1軒目が270k、2軒目は150kか。まぁこんなもんだな。

 

会計を済ませ店を出た次郎。お腹も出ていた。

 

港はなんだか賑やかだ。

f:id:hidekinghenry:20170902202511j:image

ライブステージか、花金だしな…

次郎は独りごちた。

 

次郎はライブの喧騒を抜けると、自分のアパートの方に向かって細い路地を曲がった。

f:id:hidekinghenry:20170902202616j:image

 

続く。

①Tinel Restaurant @Split 中心部

f:id:hidekinghenry:20170902203126j:imagef:id:hidekinghenry:20170902203136j:imagef:id:hidekinghenry:20170902203149j:image

 シーフード料理がうまいレストラン。恐らく肉料理もうまそう。全体のレベルが高く、グルメも満足いく味。

3.8ミルコ次郎クロコップ

 

 

②Bistro Skalinada @Split 中心部

f:id:hidekinghenry:20170902203509j:imagef:id:hidekinghenry:20170902201515j:image

1軒目としても使えるビストロ。このリゾットがシグネーチャーディッシュ。肉料理も得意そう。リゾットめちゃうまい。他も食べてみたかった。

3.7+ミルコ次郎クロコップ