食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

キッチンハセガワ②

夏の雨。

涼しいが湿度が高く、歩いているとジンワリと汗が出る。

 

渋谷で諸処の買い物を済ませた次郎。

13時30分か。そろそろ昼だな。

 

渋谷か…久しぶりに行くか。

ハンバーグのエースに。

次郎は独りごちた。

 

 

井の頭線で一駅。神泉に降りた。

急坂を下りT字路にぶつかるところに出てくる店、キッチンハセガワ。

 

カランコロン♪

 

人差し指を立てると次郎は一人カウンターに案内された。

 

メニューを開け、チーズハンバーグ目玉焼きトッピング、チキンソテー付きを頼んだ。

 

はいよ。

すぐに、サラダと水が提供された。

 

こののサラダは少ないがうまい。ドレッシングがオニオンベースのトロトロ系だ。

 

程なくしてスープが提供され、そして、

 

はい、お待たせしました。ハンバーグです。

f:id:hidekinghenry:20170815152034j:image

やはり、エースうまそうだ。

 

f:id:hidekinghenry:20170815152109j:image

次郎はハンバーグを切り裂いた。中から肉汁が溢れ、卵から君がとろけ出した。

 

コレだよ明智くん。

私が求めていたものは。

肉を卵ごとデミグラスソースにまみれたチーズを乗せて一口に頬張る。

 

この時、幸せが次郎の口の中に広がり脳内を突き抜ける。

 

エース、やはりエースだよあんた。

恍惚のため息を漏らす次郎。

 

日々の悩みは束の間吹き飛び、ただうまさだけが次郎を包む。

 

モグモグ、ハムハム、モグモグ、ググッ…

 

 

ゲフッ

 

ごちそうさんと。

駄目だ、もう何も考えたくねぇ。

 

カウンターで次のハンバーグをこねるシェフを眺め、次郎はアイスティーを飲んだ。

 

今日も一日満足だ。

 

おい、兄ちゃん会計だ!

 

はいかしこましました。

1840円です。

 

釣りはいらねーよ。

ビシッ!きっちり1840円をカウンターに叩きつけ、次郎は店を出た。

 

カランコロン♪

 

雨はますます強く降っていた。

ふん、暫くは止みそうにないな。

荷物をかかえ、次郎は神泉を後にした。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170815152906j:imagef:id:hidekinghenry:20170815152918j:image

キッチンハセガワ@神泉

今や有名になってしまったハンバーグのエース。ぎっしりと詰まった中に綺麗な目玉焼きが乗るハンバーグは一度食べる価値あり。

少し昼時を外すと良い。店内も綺麗。

3.7次郎