食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

マジックスパイス 下北沢

7月末の東京はうだるような暑さだった。

 

こう暑くちゃ元気がでねぇな。夏バテだぜ。

次郎は独りごちた。

 

今夜は京王線八幡山に用事がある次郎。

八幡山なんかなんもねーよな。

ちっ。

 

しかし、八幡山にいくとなると、途中に下北沢か。

スープカレーの聖地だな。

 

会議にはまだ時間もあるし、仕方ねぇな。今夜は下北沢だな♪

次郎の声は弾んだ。

 

さてと。どのスープカレーにしますかねっと♪

ポニピリカ、侍、マジスパスープカレー都内五芒星のうちの3つが揃ってるからな。どーするか…

 

……

 

よし、久々にマジスパにしよう。

そう言いながらすでにマジスパ前に到着する次郎。

 

ガラガラ♪

いらっしゃいませ〜。

 

ふん、一人だ。

 

おタバコは?

吸わねーよこの野郎!

 

はい、禁煙席にご案内します。

 

さて、と。

席に案内された次郎。やはり、ポーク角煮だな。辛さは涅槃。トッピングは納豆とモモ(餃子)。定番だな。ライスは小でな。

 

ユリオカで頼む。急いでるんでな。

(でたー!久々のユリオカ!)

次郎は心の中で叫んだ。

f:id:hidekinghenry:20170801122841j:image

 

しばし、目を閉じる次郎。

 

はい、お待たせしましたー。

速いな。いいぞ!ナイスユリオカだ。

f:id:hidekinghenry:20170801123031j:image

うまそうだ。納豆がいいなやはり。

 

ん、うまい。このサッパリしたスープっぽさがいいな。

さてと、お次はモモだな。

f:id:hidekinghenry:20170801131039j:image

うまい具合に水餃子風だ。

んー、小籠包のようにカレーが出て来るな。うまい!

 

そして、ラスボスのポーク角煮だ。

f:id:hidekinghenry:20170801131204j:image

ぐぉー、やはりうまいな。ポークはなんでこうもカレーに合うんだか…いたら神に感謝だな。

 ははっ♪

 

次郎のテンションは全開に達した。

 

ズズズズズーーッ

 

 

ゲフッ。

 

ふースープも飲み干して、完食だな。

こりゃ次の会議は寝るな。まぁいい。今が幸せならそれでいいさ♪

 

おい、会計だ!

 

はい、かしこまりました。

 

ガラガラ♪

 

まだ空も明るく夜はこれからだった。

こんな時間から会議とは。世の中アホばかりだな。

 

次郎は、まだ暮れきらない空を見上げ、再び下北沢を歩き出した。

 

天高くボーイングが、一筋の白い残穢を残していた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170801131715j:image

マジックスパイス@下北沢

スープカレーのオリジン的存在。サッパリスープで味が濃い目。トッピングも充実。ポーク角煮カレーが次郎一押し。お勧めトッピングは納豆とモモ。火・水休みに注意。

3.7次郎