読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

かつ吉

うーむ、いい天気だな。少し暑そうだが…

こんな時はテラス席でゆっくりしたいいもんだな。

 

次郎はベッドの上で早速ググってみると、ガブリというステーキ屋が渋谷にあり、そこはサラダバーがついていてテラス席もあるとのことだった。

 

ステーキにはそこまで期待できんだろうが、いってみない手はないな。

次郎は独りごちた。

 

 

青山から六本木通りに出て渋谷に向かった。途中で並木橋方面にくだって明治通りにでた。

 

件のテラス席は道を渡らねばならないが、明治通りは横断歩道が少なく結果渋谷駅近くまで来てしまっていた。

信号を待っていると、何やら弁当を買いに列をなす一段が見えた。

 

これは匂うぞ。

近づいて見ると重厚な店構えのとんかつ屋があった。かつ吉か…聞いたことあるな。どうするか…やはりテラスよりとんかつだな。

逡巡したものの、次郎はかつ吉に吸い込まれていった。

 

ガラガラ♪

 

なに!

まだ1130だというのに既に待ち人が数名おり、店内にも客が入っていた。

 

受付も重厚な雰囲気だった。

 

ふー、なんだか席が空いてそうなのになんで待つんだ?あぁ。

次郎は独りごちた。

 

程なく呼ばれカウンターに通された。大きなメニューが立てられていた。

このメニューはとん久みたいだな。

まぁいい。

ふん、結構高いな夜メニューは。

 

てごね牛カツにもひかれたが、思い切ってかつカレーにした。前日のカレーが尾をひいていた。

 

よしおやじ、かつカレーを頼む。

 

はいよ!

無料でライス大盛りにできますが?

 

いや、いい普通だ。

 

次郎は眼を閉じた。

 

 

はい、お漬物です。

おかわり自由です。

f:id:hidekinghenry:20170516120709j:image

 

なんと、お代わり自由か。これは人気になるな。どれもうまいな。ちっ、大盛りライスの誘惑が押し寄せるな。

いかんいかん。ここは、我慢だ。

 

はい、サラダです。

お代わり自由です。

f:id:hidekinghenry:20170516120817j:image

ほう、キャベツもお代わり自由か。ますますサラリーマンで混むわけだな。

 

厨房にはひっきりなしにオーダーが入る。しかし、牛カツとカツ丼ばかりでかつカレーはほとんどなかった。

 

ふと隣を見るとめちゃくちゃでかいエビフライを若いリーマンが食べていた。

ほう、あれもうまそうだ。

食べる前から不謹慎だが、再訪あるなこれは。

次郎は独りごちた。

 

はい、お待たせしました。

f:id:hidekinghenry:20170516122734j:image

赤出付きか!しかも量も多い。コスパがいいな。

どれどれ、カレーはシンプルに見えるが…

 

ほう、うまいじゃないか。味はサッパリしてるがコクもある。とんかつに合いそうだ。

お、とんかつもいい感じだな。

f:id:hidekinghenry:20170516122940j:image

塩をかけてと。とんかつをカレー以外の味で味わうのも、かつカレーの醍醐味だな。

 

脂が乗ったとんかつだ。うまい。

 

これは箸が進む君だ!

クククッ

 

サラダ、お代わり!

意識して野菜を食わないとな。

 

ムシャムシャ

 

ズズズッ

 

赤出もうまい。

 

ふー。ご飯は少し残すとしよう。

しかし、大満足だな。

 

こんな店があったとは。

 

会計だ。

 

1550円です♪

安いな、あんだけ食って。

 

ガラガラ♪

 

ぬおぉ、熱いな。いつものあそこでコーヒーでも飲むか。あの店員はいるかな…

再び自転車で漕ぎ出す次郎。

真昼の陽射しは次郎の肌を焦がした。

 

しかし、コーヒー屋に待つ何かが次郎の心も焦がし始めているようだった。

 

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170516124032j:image

 かつ吉@渋谷

昔からありそうな店構えのとんかつ屋。店内は広い。サラダと漬物がお代わり自由。とんかつもうまい。カツ丼、生姜焼きも後ろ髪が引かれる。ランチはコスパもいい。再訪必至。

3.6次郎