読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

のもと家 とんかつ

 次郎は、しとしと降る雨の音、車が水のはった道を滑り出る音で目が覚めた。

 

雨か?

次郎はカーテンを開けた。外の道を見ると傘をさした人々が歩いている。

 

しめた!

チャンス到来だ。

次郎はいそいそと着替え始めた。

 

長蛇の列を覚悟するとんかつ屋、のもと家。こういった店は雨の日、12時前に行くに限る。

 

次郎は髪にワックスを撫で付けることもせず、鏡を見ながら水をつけた手で髪を撫で付けると、カバンと携帯を取り、外に出た。

 

雨の日は、風が強くなければ暖かい。自転車を漕ぎ青山一丁目駅に向かった。

 

この辺りはあまり店はなく、無機質なレジデンスビルが密生していた。

 

 

なんだか忘れ去られた町みてーだな。

次郎は独りごちた。

 

しかし、家賃は高いんだろう。ご苦労なこった。

 

自転車を路肩に止め地下鉄を降りた。大江戸線に乗り、大門まで向かった。

 

 

大門につくと11:55。

まずい、12時を越えると混じまうな。

次郎は一段抜かしで階段を駆け上がった。地上に出た時点で息が切れた。

 

はぁはぁ。歳はとりたくないせ。

 

ドンッ

 

お、おう!

後ろから次々とやってくる黒いサラリーマンの群れに飲み込まれそうになりながら、次郎は歩を進めた。

 

ちっ、こんなショボくれサラリーン、略してショボリーマンたちに負けてなるものか!

 

次郎は足早に件ののもと家というとんかつ家に向かった。

 

はぁはぁ、傘で道がふさがる大門の大通りを

軍隊ショボリーマンの波をかき分け進んだ。

 

おぉ、あったな。入り口はどこだ!??

 

のもと家の入り口はわかりづらく、店は二階にあった。

 

この階段か?

次郎が上がって行くと、店の前には3人並んでいた。

 

3人なら許容範囲だ。いいだろう。

程なく前の3人が入り次郎は待ち一番の誉れに預かった。

f:id:hidekinghenry:20170321131849j:image

ふー。これで、すぐに入れるな。上等上等♪

 

お客様、メニューをどうぞ。

 

おう、見せてみろ。ほう。お勧めは黒豚とんかつだな。よし、この160gのほうで。ライスは普通だ。

 

はいかしこまりました。

 

ふー。次郎は目を閉じた。程なくしてドアが開き、店内のカウンターに案内された。

f:id:hidekinghenry:20170321132114j:image

水を飲み再び目を閉じた。

 

 

はいよ。お待ち。

突如沈黙は破られた。

f:id:hidekinghenry:20170321132156j:image

どーん!

おお!!!これはいい!

中身はどん感じだ??

f:id:hidekinghenry:20170321132229j:image

おお!赤い!しかし、火がキッチリ通ってるな。ロースの脂身がうまそうだ。ヨダレが出ちまうぜ。衣もサクサクだな。

 

なになに、ここは茎わさびと鹿児島の醤油でお召し上がりくださいと。

ほう、醤油を進めるなんてわかってるじゃねーか!あぁ?

 

次郎ほ無類の醤油好きだった。

茎わさびもよさそうだな。

次郎は先にキャベツを書き込むと、早速とんかつを一切れ取り出し、醤油につけ、茎わさびを塗りつけた。そして。一気に口に放り込んだ。

f:id:hidekinghenry:20170321132744j:image

ほ、ほほぅ。これはうまい!やはり醤油だな。茎わさびもいいぞ。しかし、何よりこのロースの脂身がうまい。切れもいい。んー、幸せだ。これはいい点とるな!やりやがる。同じ大門にあるアオキもうまいが、ひょっとするとこっちの方が上か!

 

むしゃむしゃ♪

 

おお、豚汁もいいな。

 

むしゃむしゃ♪

 

ゲフッ

 

ふー、食ったなぁ。

 

よし、会計だ。これは相当満足したぞ。空いてるなら再訪間違いないな。

 

かっかっかっ♪

 

じゃあな者ども。次郎は勢いよく店の扉を押したが、引くほうだった。

 

お、おう。機先を制された次郎だったが、そそくさと扉を引き、大門の町にでた。

 

増上寺の鳥居が雨に濡れて風情があった。

この辺は和が合うな。

 

 

春の静かな雨が町をボンヤリと光らせていた。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170321133119j:image

のもと家@大門

うまい!ロース肉が絶品。素晴らしい絶妙な脂の量の肉。火もしっかりと通っているのに柔らかい。衣はサクサク。つけダレは醤油と茎わさび、これがまたうまい!列のできない雨の日のランチ12時前か、夜か。それが問題だ。

4.0次郎