読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

かき心

今日は、早く終わったな。

 

時計は17時30分。夜はこれからだった。

 

何かうまいもんが食べたいな。

いつもはここで、ハンバーグ、スープカレー、とんかつの三択になっちまうんだよな。

そうやっていてはいつまで経っても成長しねぇ。成長戦略とやらを立ててみるか。

 

んー、浮かばんな。

そもそも何が成長なんだ。あぁ?

次郎は、六本木の夜空を見上げ独りごちた。

 

んー、浮かばんな。三種の神器を食べないという決意が大事かもしれんな。何かべつのもの。

 

冬。

冬、、、ネギ!

んー、こないな。ちゃんこ!…ひとり鍋はなぁ。一度ググってみるか。

冬、食材。

 

 

長いな。

グーグルも俺と同じ気持ちか…おのれの成長を考えているらしい。

 

 

出た!

 

おぉ!

これは。よし、早速このワードを使って…ほうほう、出てきたな。開店して間もないな。よし、早い時間だし大丈夫だろう。

 

次郎は芋洗坂を駆け上がった。

 

ふう。どこだ?

おぉ、これか、次郎は六本木通り沿いの雑居ビルの地下に駆け下りた。

 

ガラガラ♪

 

いらっしゃいませ。

和服の若い女性が応じた。

 

ほう。こじんまりしてるな。

一人だ。予約はない。

 

…ハイ。かしこまりました。

次郎はカウンターに通された。

 

座るやいなや、

ごめんなさい!

ご飯がまだ炊き上がらないのですこしお時間いただきます。

 

先制攻撃。

ユリオカ封じか。まぁいい。今夜は時間がある。

じゃ、ハイボール。それと…

 

よし、この牡蠣フライのコースで。

 

はいよ♪

 

まずはお通しを。

タコとイカの塩辛だった。

f:id:hidekinghenry:20170130122237j:image

予想に反して、しっかりと味がついていた。うまい。これは先が期待できる。

次郎はあっという間に食べた。

 

横を見ると前園のサインがおいてあった。

「おいしい!」

と書いてあった。

f:id:hidekinghenry:20170130124447j:image

あの天才ドリブラー前園が、ただ一言、おいしい!と書くくらいだ。きっとオイシイのだろう。前園、安らかに。次郎は目を閉じた。

 

 

 

では、二品目は筑前煮です。

カウンターから愛想のいい大将が提供した。

お待たせするので大盛り二倍!

 

おぉ!これはでかい。嬉しいな。

f:id:hidekinghenry:20170130122531j:image 

 

ご飯が炊き上がらないというだけで前菜がどんどん出てくる。いいぞ。ハードルを上げておいて喜ばせるアップダウン作戦だな。

 

ふん。うまいじゃねーか。牡蠣の出汁もきいてるな。どんどんいけてしまう。ここは当たりだ。

 

はい、では、牡蠣フライです!

f:id:hidekinghenry:20170130122624j:image

おお、サクサクそうだ!

結構ボリュームもある。

次郎は箸を入れた。

 

サクッ!

 

いい音がした。

うまそうだ。

次郎は牡蠣フライを口に放り込んだ。咀嚼するや否や牡蠣の出汁が溢れだし、塩味の効いたサクサクの衣と素晴らしいハーモニーが奏でられた。

 

こりゃたまらん。塩とポン酢が付け合わせであるが、なぜか既に塩味が効いている。これはうまいぞ!!

こーなると飯が…

 

 

ハイ、お待たせ!サービスで白飯じゃなくて牡蠣の炊き込みごはん♪

 

おぉ、大将!気が利いてるな!

f:id:hidekinghenry:20170130122922j:image

うまい!炊き込みごはんたまらん。

そして、付け合せのすまし汁にも牡蠣が入っていた。

f:id:hidekinghenry:20170130123015j:image

いやー、ここまでくると完敗だ。完璧な戦略だ。ひとりで味わうにはもったいないな!

 

次来るときは……

次郎の箸が止まった。

 

いかんいかん、そんなことは。いやいや、それはない。それはいかん…

次郎は脳内でひとり逡巡した。

 

 

思い直して残りの牡蠣フライと炊き込みごはん、すまし汁を平らげた。

 

いやー、腹一杯だ。最高だったな。この感じをずっと続けてほしいな。人気が出すぎないことを祈るぜ。今日食べれなかった鍋も気になるし。

次はあの鍋を…い、いかんいかん、、

 

大将会計だ!

 

はい、3200円です。

 

なに!!!!!

そんなに安いのか!

これはまずいな。また来るに決まってるだろ〜が!

 

次郎は和服美人からコートを受け取ると、羽織らないまま階段を駆け上がった。

 

時刻は20時。六本木通りに出ると、街はまさにこれからが本番だった。

 

次郎は意気揚々と六本木交差点に向かって歩き出した。

 

背後から煌びやかなリムジンが次郎の横を通り過ぎた。

 

何が成長か。

再び考える次郎だった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170130123814j:image

かき心@六本木

コスパ半端ない。そして、うまい。大将も明るい。カジュアルな会合向きか。牡蠣好きを連れて行きたいお店。

3.8次郎