読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

覆面智⑤ ヤバイ奴 上海蟹

オ、オヤジ!

 f:id:hidekinghenry:20170118111220j:image

午前950。既に列は出来ていた。

まるで開店前のパチンコ屋さながら、覆面智の横に列はできていた。

f:id:hidekinghenry:20170118112619j:image 

オヤジからの突然のツイート。

急遽メニュー変更、上海カニでヤバイ奴を…

 

次郎は何気なくオヤジの更新を見た。普段は写真をツイートしないオヤジが上海カニの写メを投稿。その特異性に次郎は言葉を失った。

 

オ、オヤジッ!

ついているのかついていないのか、次郎はその日たまたま仕事が抜けていたため、朝10時からの開店を目指し950に覆面智に到着した。しかし、すでに列はできていた。

 

ちっ、さすが強者どもが集まってるな。

店の前にはラーメンの告知があった。

いつものスタイル。上海カニのヤバイ奴。勿論それはいい。しかし、その隣に小さく書いてあった文字に目がいった。

f:id:hidekinghenry:20170118105633j:image

ゴリラ ラーメン!!

次郎は目を疑った。

ま、まさかオヤジ、カニだけでなくゴリラまで…いくら上海が中国とはいえそりゃあなしだろぉ!

 

 

と思ったが見間違えだった。

ゲリラ ラーメン!!

とあった。確かに今回は急遽のメニュー変更。ゲリラ的だ。

まるで郷ひろみのゲリラライブ。ラーメンはまさにライブそのものだ。

 

 

オ、オヤジ!

f:id:hidekinghenry:20170118110238j:image

オヤジの背中にそこはかとない自信と熱量を感じていた。

 

上海カニは高級食材。それを大量に使うとあって値が張った。1800円。ラーメンにしては驚異的だ。しかし、オヤジの腕に間違いはない。

 

次郎は並んでいる最中に、にやにやした通りすがりの白髪くされおやじに、

 

 

ここのラーメンうまいんすか?こんな朝早くから。しかも1800円!どーなんすか?

 などと話しかけらた。

 

 

黙れ、ど素人。次郎様に話しかけるなど100年早いわ。

早くここから去ね。さもなくば貴様は5秒以内に死ぬ。さぁ、早く立ち去るが良い。

 

次郎はカマした。人生は常にカマしが必要だ。

うろたえた白髪くされおやじは、力なく立ち去った。

 

ふんっ、くそが。テメーの人生には挑戦も無ければ栄華も無いわ!

次郎は立ち去る白髪くされおやじを背中からも罵倒した。 

 

そして次郎の順番が回ってきた。

次郎は、カウンターに座すや否や叫んだ。

 

大盛りで!!

 

さすが。さすがだ俺よ。朝10時から大盛りに手を出すとは。ゲリラ戦は局地勝負。常に神出鬼没だ。

 

既に雑魚を一人仕留めた後で戦意が上昇している次郎。

 

俺の大盛り!はすこしはオヤジに効いているといいが。

 

次郎は水を飲み、目を閉じた。

 

 

はいよ。

 突如沈黙は破られた。

 

 

来たか。ゲリラが。

む。カニは出汁だけと言っていた。見た目はとてもシンプルな悪い奴だった。

f:id:hidekinghenry:20170118111209j:image

くっ、シンプルな悪い奴ですら十二分にうまいのに…どんな出汁の味がするってんだっ!!

 

次郎は恐る恐るスープを口に運んだ。

 

ふほっ!!

 

なんじゃこりゃ!カニが口の中ではじけだした。ぐぉ、醤油スープとカニが絶妙に絡み合い、それに豚バラから出た出汁がこの小さな器の小宇宙の中で、まるでブラックホールができる直前のように集まっている。

 

まさに次郎はその芯に迫ろうとしていた。

 

くひょー!!うまいぞぉぉ!

ダメだ我慢できん!

 

次郎は豚バラと麺を一気に口に放り込み、そして同時に、レンゲからスープを流しこんだ。

 

 …

 

幸せってのはこういうことを言うんだ。次郎の頭の中で、電流が弾けた。悪い奴オリジナルの豚ばらチャーシュー。その醤油味がこのスープに絶妙なハーモニーをもたらし、黄色のちぢれ麺が主張しない程度にうまく絡まってくる。トッピングの青唐辛子がこれにキリリとしたスパイスを加え、荒々しいながらも完璧に調和した醤油ラーメンが出来上がっていた。

 

ズルズルズルッ!!

 

ズズズズズズッ!

 

ズルズルズルッ!!

ズズズズズズッ!

 

 

ぷはー。

 

気づくと次郎は、数年来禁じ手としていた、スープ全飲みの術までやってのけてしまっていた。

 

 

くっ、ダメだ。涙が出そうだ。

俺のコスモが限界を超えた。

このままもう一杯いける。そこまでのものだった。

ふん。あの白髪くされおやじは一生味わえない幸せ、俺は味わった。挑戦無くして成長なし!

 

かっかっかっかっ!

次郎は高らかに勝名乗りに似た雄叫びをあげながら店を出た。

 

未だ1030。次郎の休日は始まったばかりだった。

 

続く。

f:id:hidekinghenry:20170118112355j:image

覆面智@神保町

たまに行われるイベント的ラーメン。いや、ゲリララーメン。今回は上海カニの悪い奴、通称ヤバイ奴。確かにヤバイほどうまい。中毒性高し。

4.1次郎