食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

ラクサ シドニー

シドニーでジャンキーなものといえばラクサだ。

 

次郎は舌舐めずりした。

今日は昼にラクサを食うと決めていた。以前から通っていたシドニーのラクサ。

 

まだなくなっていないといいが…

 

駅はタウンホールというシティのど真ん中。3階に紀伊国屋があり、よくそこで本も買っていたのだった。

 

さて、どうだ?

おぉ、あった!多少お洒落になってるが、変わってねー!でかしたぞ!

しかも並んでる。相変わらずだ。

次郎と最後尾に回った。どうするか、ベジタブルか、チキンか、ビーフか…

 

よし、今回はビーフだ!

 

ん!!

 

値段が倍近いじゃねーか!

値段は四年前の2倍13ドルだった、

さすがシドニーだ。まだまだ発展してる証拠だな。

 

次郎の番となり、ビーフラクサを頼んだ。

すぐに提供された。

 

さすがアジア料理…早い、安い、うまいの三拍子だ。

さてと、混んでるな。

 

お、あそこが空きそうだ!

次郎は座って口を拭いているインド人のせきのそぼでプレッシャーをかけた。

 

Can I?? Can I???????

 

ふん、はやくどきやがれカレー野郎。ラクサがのびるだろ!

 

次郎のプレスに押され、口を拭いながらインドビジネスマンは席を立った。

 

ふん、許してやろう。明日はカレーでも食いな!地下に死ぬほどあるだろう。

 

次郎は、席に座り、橋をもった。

ふー。うまそうだ。

f:id:hidekinghenry:20170109214343j:image

 

このココナッツとスパイスが効いたスープがたまんねーんだよな。そして、春雨のような細い麺にラーメンの太麺もコラボしているにくさ。箸が進まないわけがない!

 

ズルズルッ

 

次郎は勢いよくかっこんだ。

プハー、懐かしい!相変わらずうまいな!

ビーフも硬いがこれがまたいいんだよな!

 

ジュルジュルジュルッ!

勢いを増した。

 

プハー、うめー!うめーぞこれは!

 

あっと言う間に平らげた。

気がつけば鼻水も涙も汗も垂れ流していた。

 

ふー。これぐらい一気に食ってんだこの野郎!

ふー、うまかったなー。

 

!!!

 

なに!気をつけたはずだったのに!!!

見事にTシャツにココナッツ汁が雨のようになっていた。

 

く、くそ。

いや、しかしここはシドニーだ構うもんか。

 

次郎はラクサまみれのTシャツに胸を張り、群衆をかき分けた。

 

これぐらいのことを気にしていたらシドニーではやってけないぜっ!

 

さっきのインドビジネスマンがコーヒーを買っていたが、背中を押しながら目抜き通りへと出て行く次郎だった。

 

カフェじゃなくてチャイだろうがっ!

 

次郎はコーヒーががビジネスマンの胸に飛び散るのを確認しながらジョージストリートを駆け抜けた。

 

f:id:hidekinghenry:20170109215109j:image

ラクサ@タウンホール駅そばギャラリーズ一階

このラクサは日本で食べたことがない。甘くて辛くてうまい。日本に出ればはやること間違いない。

3.7次郎