食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

キッチン南海 カレー

なんてこった。

 

なんでこんな町に来ちまったんだ。

 

こんないい町に…

次郎は独りごちた。

 

次郎は次郎の父の友人Aから荷物を引き取りに来たのだが、Aは神保町に住んでいたため、きしくも、次郎行きつけのラーメン屋の町にまたしても足を運んでしまったのだった。

 

時刻は18:00。そろそろ夕食を食べても許される時刻だな。となると…

 

お、おやじっ…

 

ラーメンの前に、ラーメン屋のオヤジの顔が浮かんだ。

 

い、いやしかし、昨日も行ったばかり。いかんいかん。ラーメンを2連単はまずいぞ。

 

お、おやじっ!!

 f:id:hidekinghenry:20161220235419j:image

さらにおやじがスープを入れるシーンが思い浮かんだ。

 

 

ぐぁ、ぐぁぁ、、

次郎はその場をうろうろし、頭を掻いた。

 

 

頑張れ、次郎。頑張れ。いかんぞ。いかんのだ。

 

別のもので気をそらすしかない。

となると、神保町は古本、否、食べ物ではカレーだ。

 

ならば、あそこか。満足度の高いあそこしかない。

 

よし、行こう。

ソーダソーダ♪

沢山いる小さな悪魔次郎が加勢した。

 

ガラッ♪

 

はい、いらっしゃいませ。

満席に近かった。

おやじサラリーマンや学生たちがわんさか集まっている。

 

ちっ、このヌーの群れは、未来の自分か、あるいは過去か。

 

カウンターに乗せられた次郎以外の注文が食われるのを待っている。

f:id:hidekinghenry:20161220225806j:image

そう、彼らは俺を待ってるんだ!

 

よし、おやじっカツカレーだ。

貨物列車でなっ!

 

あ!いや、ダメだ。

やはり、豚カツだ。そして、しょうが焼きだ!

 f:id:hidekinghenry:20161220234251j:image

 

ふー。言ってやった。言ってのけたぞ。

隣のデブリーマンが俺を見た。

 

おそらく、

こんな小僧がしょうが焼きをトッピングだとっ!ふん、いずれおまえの未来は俺になるのだろう。せいぜい今はイキって頼むがよい。

 

おそらくそんなとこだろう。

 

甘いなデブリーマン。

俺はおまえのようなにはならねーよ。

ご飯は残すぜこの野郎。

f:id:hidekinghenry:20161220234334j:image

 

 

はいロース、しょうが焼きお待ち!

突如沈黙は破られた。

 

ぐっ、

 

な、なんじゃこりゃあ。

f:id:hidekinghenry:20161220225645j:image

f:id:hidekinghenry:20161220225647j:image

 

ご飯を残そうが、付け合せのパスタを残そうが、これを2つ食ったらおしまいだ。

 

がしかし、うまそうだ。

次郎は舌舐めずりをした。

 

おやじのスープを諦めたのに…これじゃあ諦めた意味がない。

f:id:hidekinghenry:20161220234401j:image 

がしかし、がしかしだ。

俺は食うしかねーんだ。

今に集中するためにな。

だから、俺を見るなデブリーマン。もう俺を見ないでくれ。

 

次郎は、豚カツに醤油をかけた。

ちっ、衣がサクサクじゃねーか。薄い衣が醤油に合うって知っての狼藉か。

 

いや、その前にまずはキャベツを食わねーとな。

次郎はドレッシングをかけて、急いでキャベツをかきこんだ。

 

ふー、これで血糖値の上昇は避けたな。

見たかデブリーマン。俺はお前の俺の歳で既に血糖値も気にしてるぜ。

勝ったな。

次郎はほくそ笑んだ。

 

デブリーマンは汗を掻いていた。

しかし、笑っていた。

 

その早食いは命取りだぜ小僧。俺も昔はそうだった。そうやって生き急ぐのが若者の常だ。そして、それが癖になるがまま10年後、俺のようになるんだよ。くくっ、せいぜい早食いするがよい。

 

そう言っているようだった。

ちっ、それはおまえに一理ある。だが100理ない。

 f:id:hidekinghenry:20161220234532j:image

次郎は、しょうが焼きに手を伸ばした。

ぐっ、味が濃い。そしてうまい。これじゃあ白飯を食わざるをえんだろうっ!

 

次郎はついに白飯を食った。アッサリと。

 

お会計。

デブリーマンは次郎を慈愛のまなざしで一瞥し、店を去った。

 

次郎は、豚カツとしょうが焼きを平らげた。

うまかった。白飯も最高だった。ゆっくりと咀嚼を繰り返し、白飯は粉砕され糖分に変わった。甘かった。

 

く、甘かったのは俺の方だったってことかっ!

 f:id:hidekinghenry:20161220234624p:image

 

ま、負けた。

打ちのめされた次郎。

最後の慈愛の一瞥まで完璧だった。

 

今に生きた結果、次郎は見事に敗北した。

 

おやじ、会計だ。

弱々しく1050円を出す次郎。

着ていたコートがズッシリと次郎の肩にのしかかった。

 

ガラガラ♪

 

ありがとうございまーす♪

店員の声が次郎の背中に響く。

 

May the force be with you.

次郎にはそう聞こえていた。

 

続く。

 

 

f:id:hidekinghenry:20161220232511j:image

キッチン南海@神保町

色の真っ黒なカツカレーが有名でランチは常に行列。夜は豚カツ、チキンカツ、クリームコロッケがよく出る定食屋。サラリーマンにうってつけのボリュームと脂が五臓六腑に染み渡る。腹が減ったら迷わずこちらへ。

3.8次郎