読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

覆面智④悪い奴

う、うまい……

 

うめーよ、オヤジ!

 

次郎は久々に行きつけのラーメン屋に来た。今日は仕事を休み、水曜日しかやっていない味、''悪い奴”を味わうために神保町までやってきた。

f:id:hidekinghenry:20161130132007j:image 

なぜ悪い奴なのか、体に悪いという意味なのか、次郎の疑問は深まったが、確か出汁の濾しかたが通常より荒く、出汁そのものが出る作り方だったと記憶が蘇った。そんなウンチクよりも、濃くて旨い。ただこれだけで充分だった。

 

はいよ。

突如沈黙は破られた。

 

 

おぉ!

く、肉にくしくて、味も濃くて、最高だな!

バラ肉とチャーシュー、ホタテと鶏肉のミンチも入ってて、もうどこから手をつけていいのかわからんな。嬉しい悲鳴とはこのことだ。

 f:id:hidekinghenry:20161130132050j:image

ズズスッ、ズルズルッ!!

 

く、このスープがまたたまらん。病みつきになる味だ。チャーシューと麺とスープのコラボが半端ないな!おまえらはTMネットワークかっ!

次郎は独りごちた。

 

ダメだ幸せってのはここに存在しちまったかっ。ますます俺は…

 

なぜか目が霞む次郎であった。

 

つづく。

f:id:hidekinghenry:20161130131953j:image

覆面智@神保町

毎週水曜は悪い奴。ただのラーメンよりも濃厚な出汁でボリューム満点。しかし、スープはスッキリ醤油濃い口。幸せな一杯。

4.0次郎