食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

ティーヌーン タイ料理

 

ふー、やっと終わったな。

 

次郎は自分の部署の一大イベントが終わり、久々にゆっくり休日を過ごしていた。

 

ゆっくり昼過ぎまで寝て、家事はせず、マッサージに行き、再び家で寝る。贅沢な時間だった。

 

さてっと、そろそろ寝飽きたな。温泉にでも浸かりたいところだが、それは来週の楽しみに取っておくとして、、、

 

まずは夕飯だな。

さてと、なんだか寝すぎで逆に疲れたな。蕎麦にでもするか、、、いやいや、そんなしみったれな発想はだめだな。

なんかこうパワーが出るものだな…やっぱりカレーか。しかし、スープカレーの気分じゃねーんだよなー。

 

次郎はブツブツ言いながらとりあえず外に出た。夕暮れの空に冬の一番星が輝きつつあった。

 

寒いな。落ち葉も大分色づいて、どっちかって言うと散り始めてるな。一年ももう終わりか…結局らーめんと豚カツとハンバーグを食べただけだったか……いやいや、そんなことはないか。いろいろあったようななかったような。

 

ブツブツ言いながら歩いていたが、気がつけば表参道の交差点に出ていた。

 

うーん、ここまできちまったか。

 

周囲を見回す次郎。さして目に入るものもない。うーん、と言いながら渋谷方面に向かって歩き出したところ、ハチマキを巻いた若いキックボクサーの看板が目に入った。

 

そうか、その手があったな!

次郎はいそいそとキックボクサーの横の階段を地下に降りていった。

 

ギィ♪

 

イラッシャィマセー

 

次郎は奥のテーブルに通された。

 

んー、スパイスのいい香りだ。さてと、いろいろ捨てがたいメニューばかりだな。しかし、ここはやはり、グリーンカレーだな。それと、、、ヤムウンセンもいいなぁ、野菜スープもうまそうだ。ハーフもあるな。よし、決めた!

 

おい、店員サン!

 

ハイ!

 

グリーンカレー。野菜スープもな。

 

ハイカシコマリマシタ!

 

ふー。リラックスしている次郎はユリオカも封印した。

 

俺も大人になったぜ。くくくっ。

次郎は微笑んだ。

 

さすが微笑みの国だけあるぜ。

次郎は独りごちた。

 

オマタセシマシタ。

 f:id:hidekinghenry:20161130000322j:image

おぉ、いい匂いだ。そそるな♪

野菜も多くていいな。おぅ、いい味付けだ。ピリ辛も少し強いが丁度いいな。これはスープカレー並みにうまいぞ。

 f:id:hidekinghenry:20161130002644j:image

さて、野菜スープはと。これは優しい味付けだ。しかし、しっかり味はあるな。この肉団子と春雨が胃を優しく包むぜ。

 

そして、ラッシーが舌をリセットする。

 

ぷはーっ。うまかったなー。

正解だったな。タイ料理のchoiceは。

しかし、一人でも充分やっていけちまうな。

 

ふー、さて会計だ。

テーブルにお金を置き、店を出た。

 

さぶいなっ。

既に暮れた夜空を見上げた。

青山は明るくて中々星が見れないが、冬は空気が澄んでいるため今夜もオリオン座が美しく見れた。

 

きっと、もう少しでいいことが起こるに違いない。

 

ポケットに手を入れて、次郎は再び歩き出した。

 

ティーヌーン@青山

f:id:hidekinghenry:20161130002628j:image

味はどれを食べてもうまいし、うまくタイ料理感も引き出されている。沢山種類を食べるなら四人ぐらいで行くのがベストかも。

 

3.6次郎