読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

とんかつ とんき

んんー、いやーマッサージ気持ちよかったなぁー。

次郎は最近の疲れが取れず、赤坂の行きつけのマッサージ屋に出かけていた。グイグイ押してくれるマッサージ屋は中々なく、疲れが溜まるとそこに通っていた。

 

さてと、マッサージも完了したことだし、やっぱり何かうまいもんでも食いに行くか。リラックスしたらやっぱりなんか食いたいからな。

 

結局次郎は、何かあるたびに食べ物ことしか頭に浮かんでこないたちだった。

 

どーするかなぁ。

最近飯のレパートリーが減ってきたな。俺の駄洒落のようじゃないか。ふふふっ。

次郎は自嘲した。

 

んー、ラーメンとスープカレーは食べたばかりだしなぁ。ハンバーグって感じもしねーしなぁ。寿司、、、でもないんだよなー。さてさて。

 

ブルッ、携帯が震えた。

おぅ、なんだなんだ。

 

この前はありがとうございました。お腹いっぱいでした!また誘って下さい^ ^

 

そんなハンバーグがうまかったのか。また連れてってやらー。次郎は内心嬉しかったが、それを出すのは恥ずかしく、

 

またなっ!

 

とだけ返信した。相変わらず不器用なラインだった。

まぁいい、俺に必要なのは飯だ。

さて、と。

お腹いっぱいか、いっぱい、いっぱい、おかわり、いっぱい、いっぱいおかわり、、、おかわり自由、そうか、そうだな。やはり、お腹はいっぱいにならないとだな。ならば、とんかつ屋しかないか!

 

次郎はそう呟いて、電車に乗った。

電車にのったものの、いままで行ったことのあるとんかつ屋はいやだった。そうなると高田馬場は選択肢から消えた。

渋谷はあまり候補がないしなぁ。

蒲田がいいかな。早速ググった。お、丸一ってのが良さそうだ。多少遠かったが、次郎は原宿から品川に向かった。途中で、丸一のとんかつの映像に見入ってワクワクする次郎。しかし、リアルタイム検索で並び具合を確認すると、本日休業と出ていた。

 

なにーーっ!チクショウ、電車にのっちまったじゃねーか。どうしたもんか、、、気がつくと目黒駅に到着していた。

えい、ままよ。

アテはなかったが、今までと流れを変えるため次郎は目黒駅で飛び降りた。

 f:id:hidekinghenry:20161119224523j:image

さてと、とんかつとんかつ、、ふらふら歩いていると、人がどんどん吸い込まれていく店があった。とんかつかどうかわからなかったが、気になり近くにいってみると、なんととんかつという文字を発見した。

 f:id:hidekinghenry:20161119224530j:image

これは期待できるな、とんきか。ありきたりな名前だな。少し期待が薄れる次郎。

 

ガラガラ♪

 

ぐお、なんだなんだ、激混みじゃねーか!店の中に40人程度が待っていた。これはしんどいな。

 f:id:hidekinghenry:20161119224505j:image

うーむ、考えていると、後から来た客が二階へ上がって行った。

ん、二階もあるのか、カウンターの方が風情があるが、二階に行ってみるか。

トントントントン上がっていくと、

 

いらーっしゃいませぇ!

なんだか芝居掛かった声をだし、良い笑顔の店員が迎えた。

二階はガラガラじゃねーかっ!

単にテーブルだけの二階はガラガラだった。

 f:id:hidekinghenry:20161120035040j:image

なんだか知らないが、これは得したな。そして程なくテーブルに通された。

 

何になさいますかぁ!?

 

お、おう、ならばやはり、ここは、ロースで。

 串カツも追加だ。

 

はい、わかりましたぁ。

 

なんだか良い声の店員に気圧され、何の駄洒落も浮かばなかった。

 

ふー。

次郎は心を整えるため、目を閉じた。

 

しばらく時間が経過した。なんだか、アジア人がおおいなぁ。薄目を開けて周囲を見た。

そんな声に耳を傾けながらまた目を閉じた。

 

 

はぁい!お待ちどおさまでぇーす!

 

また芝居掛かった声で、次郎は目を開けた。

ほう、見た目は、まぁ普通だな。

f:id:hidekinghenry:20161119232116j:image

さてさてと、ほう。

衣が薄くてサクサクッだな。

ロースも割と赤身が多いな。ヘルシーだ。そうでもねぇか。ロースカツだもんな。ははっ。

次郎は自嘲した。

f:id:hidekinghenry:20161119232155j:image

うーん、うまいな。

しかし、なんとなく一味足りない印象だな。

アッサリしてるからかな。

悪くはないけどなぁ。

 

よし、キャベツおかわりだ。

 

はぁい、どうぞぉー。

芝居掛かった笑顔で兄ちゃん店員が答えてくれた。

 

いやー、トッピングの串カツが効いたか。ふー、腹一杯だな。

 

よし、かぁあけいだぁ!

次郎も良い声で応じた。

 

トントントントン。

一階はまだ混んでるな。

 

ここまで並ぶ必要はないな。あの店員の声が一番心に残ったぜ。

 

ガラガラ♪

 

既にとっぷりと 日が暮れていた。

冬も盛り入った目黒の夜だった。

 

とんかつ@目黒

f:id:hidekinghenry:20161119233635j:image

衣がサクサク。一階が、混みすぎているが二階は並ばずに入れる。味は悪くない。混まなければ。

3.4次郎