読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

イエローカンパニー スープカレー

んん…うんんんん…ふぅー…

 

一時か…しかたねぇなぁ…起きるか。

この一週間毎日午前様で仕事をしている次郎。久々の休みで、たっぷり寝ることに決めていたのだった。

そうは言っても、さすがに一日中寝てられるはずもなく、ダラダラと起き出した。

 

んー、、、

ボーッとする次郎。

 

よし、まずは風呂に浸かるか。

前日に貯めた風呂を沸かしなおし、湯舟に浸かった。

 

温泉とはいかないが、やっぱり風呂だな。

次郎は眼を閉じた。

 

 

 

 

 

あ、あぁ……

 

スゥ〜、スゥ〜

 

うぉっと!いかん、窒息死するところだった

 

スゥスゥ言ってる場合じゃねーな。

スゥスゥ、スースー、スー、スー、、、そうか、見えた!

 

次郎は風呂から上がり、ドライヤーもそこそこに部屋を飛び出していった。

 

へぃ、タクシー!

恵比寿と渋谷の真ん中まで、頼む!

ユリオカでなっ!

 

すいません、新人なもので、ユリオカの場所がわかりませんで…

 

違うわ、バカヤロー!

ユリオカは急ぎでってことで、大阪の芸人のユリオカ超特Qの超特Qと掛け、、、まぁいい、急ぎだバカヤロー!

 

次郎は目を閉じて深呼吸をした。これだから新人は。

 

はい、着きました。

 

おぅ速かったな。

 

はい、ユリオカできましたので。

 

ふっ新人のくせにやるな。

次郎は独りごちた。

バタン。次郎は自動ドアを閉めた。

 

よく見ると運転手の髪型はつるつるで、縁の太い眼鏡をかけていた。

 

ま、まさか、、いや、まさかな。最近テレビでは滅多に見ないが…

 

 

さてと、カランコロン♪

 f:id:hidekinghenry:20161119190844j:image

いらっしゃい。

次郎は奥のテーブルに通された。

 f:id:hidekinghenry:20161119190859j:image

さてと、カレーではありません?

知ってるよそんなこたー。

 

よし、ねーさん、角煮ベジタブル、舞茸トッピングでな。ユリ、、、

 

さっき運転手が頭をよぎり次郎は口に出すのが憚られた。

次郎は注文を終えると再び静かに目を閉じた。

 

 

はい、お待たせしました。

突如沈黙は破られた。

 f:id:hidekinghenry:20161119190834j:image

意外と速かったな。ユリ…。さぁこれだこれだ。野菜がゴロゴロしてやがる。角煮もうまそうだ。

 

さてと、まずは角煮からだ。

f:id:hidekinghenry:20161119190824j:image

んー、煮込まれてていい感じだ。スープと良く合うなぁ。

次は舞茸といくか。

f:id:hidekinghenry:20161119191007j:image

ん〜柔らかくてうまいなぁ。そして、更にこの大きなナスだよなー。それにしてもデカイ。

f:id:hidekinghenry:20161119191049j:image

いや、ハフハフッ、熱っ。

う、うまい。たまらんなぁ。スープカレーは。

 

 

いやー、満足だ。

やっぱりカレーは元気がでるな。

 

さ、会計だ。

そそくさとレジに向かう次郎。支払いを済ませ店を出ると、さっきのタクシーはなぜかまだ停まっていた。

中を覗いてみたものの、ユリオカ似の運転手は不在であった。

 

…他人のそら似か、、、。

独りごちた。

 

 

次郎の気分と同じように、晴れない空が遠く渋谷の先まで続いていた。

 

 

イエローカンパニー@渋谷

f:id:hidekinghenry:20161119191435j:image

野菜がでかい。おすすめ角煮ベジタブル。

このコラボのバランスが良く満足感がある。都内スープカレー屋四天王の1つ。

3.6次郎