食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

煮干しラーメン 凪

煮干し、、、

 

結局来ちまった。

 

次郎は過日俺のハンバーグでハンバーグをしこたま食べた後、ふと店先から見えた大量の煮干しで出汁をとる煮干しラーメン屋が目に留まった。

しかし、さすがにハンバーグ即ラーメンは、流浪人剣心で言うところの悪即斬の斎藤一であり、潔い態度に惹かれていたものの、諦めた経緯があった。

とはいえ、それ以後の日日、ジワリジワリとたまっていったモヤモヤは消えず、ついに渋谷に足を向けてしまっていた。

 

俺のラーメン好きにも困ったもんだぜ。そう言いながらも次郎はニヤニヤしていた。

 

さてと、お、ここだここだ、渋谷駅のヒカエリエ側のロータリーを歩道橋で横切り、少し六本木側に歩いた右手にその店は凪はあった。

 

なにが凪いでるんだかな。俺の心は常に荒波だぜっ!

ひとりごちた次郎に北風がふきすさび、次郎は目を細めた。

くっ、さぶっ。

 

この寒さがラーメンを、よりうまく感じさせるんだ。よし、外に食券機か。このさぶいのに。

 

く、なかなか千円札が入らない次郎。ヒラヒラと千円札が落ちていく。

 

おぉう、キャッチ!さすが次郎様よ。苦あれば楽ありだ!今日もいいことありそうだぜ。

一人相撲を演じた次郎は店に入店した。

 

ガラガラ♪

 

らっしゃい!

 

ん、すこし狭目だな、く、どけこのアニメオタクっ!次郎は前に座る暗そうな大学生を押しのけ奥のカウンターに座した。

f:id:hidekinghenry:20161113201932j:image

 

ふむ、なんだかいろいろ書いてあるな。f:id:hidekinghenry:20161113201632j:image

よく分からんが、単なるラーメンだし、ここはとりあえず全てオススメだ兄ちゃん。ユリオカでなっ!

 

はいよ。

お、ユリオカがわかるのかやるな若いくせに。

 

ふとカウンターの上の調味料を見る次郎。

f:id:hidekinghenry:20161113202312j:image

なな、なんだこりゃ…ここまで煮干しかよっ!

大きめの声をあげてしまった次郎。周りから見られ多少気まずい思いをした。

 

く、なんだ見てんじゃねーよオタクども!冥界へ去れっ!次郎は聞こえないようにひとりごちた。

 

はい、お待たせしました。

突如沈黙は破られた。

f:id:hidekinghenry:20161113203315j:image

おお、来たな。濃い味が予想できるな。なんたかワンタンみたいなもんも入ってるな。ん、そうかこれが平べったいナンチャラだな。

まぁいい、とにかく食べるぞ。

 

ズズー、

次郎はスープを飲んだ。

う、煮干しだ。これは凄いな。煮干しの味しかしねー。濃いめの醤油に合うな。麺はどうだ。

f:id:hidekinghenry:20161113203336j:image

ズルズルッ、

ほう、麺は中麺だな。スープによく絡まってるな。いけるなこれは。

なんだかクセになる味だ。しかし煮干しがすごいな。調味料の煮干しも見つめてくるぜ。

 

ズズズッ、ふー。

完食した次郎。

 

うまかった。たまにはこんな味もいい。なんかクセになるしな。

 

横を見るとまだオタクはフーフー言いながら麺を啜っていた。

 

まだ食ってるのか、そんなんじゃ社会の荒波に勝てねーぞっ!ま、だから凪に来てるのか、合点承知の介だ。冴えてなるな、俺。

ひとりごちた。

 

アニメオタク兄ちゃんを押しのけ、次郎は店を出た。

 

ふー、体が煮干し臭くなったような気がするが、気のせいだな。

 

あばよ、凪。俺は再び荒な、、、

 

ビューッ

 

再び北風が次郎を吹き抜けた。

 

っ、さぶっ!

 

キツイぜ今年の冬は。

次郎は渋谷のネオンに消えていった。

 

 

続く。

 f:id:hidekinghenry:20161113203315j:image

煮干しラーメン凪@渋谷

すごい煮干し。味濃いめ。くせになる味でなかなかいける。

3.4次郎。