食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

亜須加 排骨担々麺

野菜不足か。

 

最近の野菜は高いようだな。ねぎしはサラダを止めてるし、ますます不健康になっちまうな。次郎は青い秋の空を見上げた。

 

空はこんなにいい感じなのに、俺の健康はイマイチか。ふんっ、嘆いたって始まらねぇ。人生万事塞翁が馬だ。

 

タンタンタンタン、歩道橋を背後から追い抜いていく足音をふと見上げると、女子高生が軽やかにステップをふんで駆け上がっていく。

 

若いな。

なんだか哀しい気分になる次郎。

よし、俺もやるか。

 

タンタンタンタンタンタン♪

はぁはぁ、次郎の息はすぐに切れた。

 

くそ、鈍っちまってるぜ。

そのまま歩道橋を渡り、降りる目にふとある店が飛びこんだ。

f:id:hidekinghenry:20161105215529j:image

おぉ、そういうことかい嬢ちゃん。わかったよ。今夜は大人しくそこに入るとしよう。

タンタンタンタンタンタンタンタン♪

 

下りは軽やかにステップを踏む次郎。

そのまま店に突入した。

f:id:hidekinghenry:20161105215644j:image

いらっしゃい。

 

次郎はカウンターに腰掛けた。

おやじ、パイコータンタン麺一つ。カリオカでな!

 

あ、間違えた。習慣とは恐ろしいぜ。

次郎はひとりごちた。

 

店内はまだ時間も早いせいかまばらだった。チャンスだな。

次郎は、水をゴクゴク飲んで、息を整えた。

 

はい、ぱいくーたんたん。

f:id:hidekinghenry:20161105220010j:image

おぉ、変わってないな。これよこれ。

うまそーだ。

f:id:hidekinghenry:20161105220037j:image

とれどれ、おぉ、このスープがたまらんな。

辛そうだが、実際はちょうどいい加減のピリ辛。麺は柔らかめ。そして、この排骨パイコーがスープとからまってなんとも言えない味だ。あぁうまい。チンゲンサイも合うんだよなぁ。

ここの排骨担々麺は日本一だ。

 

次郎は熱いものがこみ上げた。野菜はあとでスムージーでも飲むとしよう。

 

はー、食ったな。腹一杯だ。

よし、会計だ。

 

冬だと言うのに若干汗をかく次郎。ふー、まだまだ俺の新陳代謝は鈍ってないぜ。

 

タンタンタンタン♪

次郎の背後から再び高校生が階段を駆け上がっていった。

 

すっかり暮れた夜空に秋の星が輝いていた。

続く。

f:id:hidekinghenry:20161105220010j:image

亜須加@渋谷

ここの担々麺は東京一だ。スープの味もパイコーも、バランスがいい。ボリュームもある。

3.8次郎