食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

俺のハンバーグ

しかし、今夜は思い浮かばんなぁ。

 

次郎は、仕事帰り、六本木の街をふらつき、良い店が見つからず、西麻布までたどり着いたものの、なんとなく西麻布の店は行き過ぎている感覚に追われ、気がつけば渋谷まで来てしまっていた。

 

いやー、こんだけ歩いたんだから、なにを食べても文句は言われねーだろう!

 

そう自分に言い訳して渋谷の街を徘徊する次郎。

 

東京トンテキ、、、味が濃すぎるんだよなぁ。洋食屋富士屋、、、行ったばかりだしなぁ。

担々麺あすか、、、もう閉店かぁ。

ベトナムホイさん、、、ラストオーダーかぁ。

くそ、意外とないなぁ、、、

このまま行くと八王子まで歩いちまいそうだ。痩せるなぁ次郎さんよぉ。

ブツブツと呟く次郎。すれ違うサラリーマンが次郎に一瞥をくれる。

 

けっ、このオタリーマンどもが、見てんじゃねーよっ!はげリーマンのくせにっ!

 

次郎は毒づいた。

仕方ない、神泉までいくかなぁ、、、

ふと気づくと、人入りの良い店があった。

見上げた看板に俺のハンバーグとあった。

 

んー、俺のシリーズか、どうすっかなぁ。

と言いながらも、既に次郎の口はハンバーグの肉汁で満たされていた。

 

仕方ねーな、

 

カランコロン♪

 

はい。いらっしゃい。

f:id:hidekinghenry:20161103122533j:image

カウンターに座る次郎。

メニューを開けると各種のハンバーグ料理が写真付きであった。

 f:id:hidekinghenry:20161103122526j:image

ぐー。

 

次郎の腹が鳴った。

ククッ、戦もできねぇな。よし、ここはデミグラスソースハンバーグだ。チーズと目玉焼きトッピングだ。飯は大も、、、いや、ここは普通で。

先生の顔が浮かんだ。

ふー。俺もしけちまったぜ。よし。以上だ。

 

カリオカですね?

 

ちげーよ、ユリオカだよ!間違えるなそこ!

と思ったが既に店員はおらず、次郎は目をパチクリさせた。

 

ふー、疲れてるのか、、、まぁいい。

 

はい。サービスの野菜ジュースです。

 

おぉ、これはいいな。先生も喜ぶだろう。次郎は一息に飲み干した。

 

いけるな。よし、しばらく瞑想だ。

 

 

はい、お待たせしました。

突如沈黙は破られた。

f:id:hidekinghenry:20161103122459j:image

おぉ、すごいボリュームだな。やはり目玉焼きは間違ってなかったぜ。そそられるな。

次郎は、箸でハンバーグを割った。

 f:id:hidekinghenry:20161103122551j:image

に、肉汁が、、うまそうだ、、、

次郎は口にパテを放り込んだ。

 

おお、うまい。そして、上品だな。女性ウケも良さそうだ。俺は、女性誌記者かってんだ、ははっ、おい、コーラ頼む!カリオカでな!

 

テンションは知らずのうちに上がっていた。

 

卵を崩したあとのミクスチャーがたまらんな。オタリーマンどもめ、見たか!

見てねーか。

 

次郎はひとりごちた。

 

ふー、腹一杯だ。

ありがとよ、満足したぜ。

また来るぜっ、ユリオカでなっ!クククッ。決まったな。

 

カランコロン♪

 

次郎は颯爽と店をでた。

いやー歩いた甲斐があったな。

 

お?こんなとこにラーメン屋が、、、梯子、、、いやいやいや次郎ちゃん、それはまずいよ次郎ちゃん。

 

次郎はひとり葛藤していた。

 

お客様、お会計。

突如沈黙は破られた。

 

次郎はここのところ食券制の店ばかり行っていたため、代金を払い忘れていた。

おぉ、すまんな。次郎は汗をかきながら代金を渡し、一目散に走り去った。

 

ふー、ここまで来れば大丈夫だろう。

 

なぜか喰い逃げした気分に襲われていた。

 

しかし、あのラーメン屋、気になるな。すごい煮干しの量と書いてあったが、、、まぁ今夜はやめとくか。先生も喜ぶだろう。

 新しい期待に沸く次郎。

 

見上げた空の雲間から下弦の月が見えていた。

 

 

続く。

 

俺のハンバーグ@渋谷

上品な味のハンバーグ、丁寧な洋食屋さんというイメージで味付けは優しめ。レパートリーの一つに。

f:id:hidekinghenry:20161103122900j:image

3.5次郎