読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

角屋 日本酒バー

甘い、スッキリと甘い。

 

福井の黒龍です。

 f:id:hidekinghenry:20161027223023j:image

これはうまいぞマスター。

 

次郎はつい大きな声がでてしまった。

 

遅くまで残業した次郎は、どこかで一杯飲まないとやっていられない気分だった。

次郎は以前に一度来たことのある西麻布の日本酒バーに一人乗り込んだ。

 f:id:hidekinghenry:20161027223143j:image

ここは日本酒が豊富なだけでなく、お酒に合う小皿料理も豊富で深夜には丁度良い店だった。

 f:id:hidekinghenry:20161027223035j:image

一杯目。次郎はスッキリして甘みのある日本酒が飲みたくなって、それをマスターにそのまま伝えると福井の酒、黒龍が出された。

 

う、うまい。スッキリして、香りも良く、ほのかに甘い。これは進んじまうな。

次郎はひとりごちた。

 

兄さん、じゃこサラダとエビチリ。エビチリ?そんなのできるのか??

 

はい、できます。

 

じゃそれを。

気圧された次郎はユリオカでとは言えなかった。

 

通風になろうかという状況で、日本酒にじゃこサラダか。先生が泣くぜ。仕方ない、人生ままよっだ!

 f:id:hidekinghenry:20161027223049j:image

んー、このじゃこサラダ、日本酒にぴったりだ。たまらねーな。

 

他の料理もそそるぜ。しかし、ここはエビチリが来るまでは我慢だな。ここに寄れて良かったな。次郎は残業の憂さもスッカリ晴れていた。

 f:id:hidekinghenry:20161027223059j:image

はいよ。エビチリです。

おぉ、上品なエビチリだな。味つけはまた日本酒にぴったりだ。

よし、兄さん、もう一杯黒龍を頼む!

 

上機嫌になる次郎。

よし、唐揚げも頼む!

 

ますます痛風に近づいていた。

 

薬も飲んでるし、大丈夫だろ!はははっ。

高らかに笑ってやった。

 

あ、やばい、薬を飲んでなかったな。すぐにビビる次郎。先が思いやられた。

 

ふー、これで大丈夫だな。冷や汗をかいた次郎は、お代わりの黒龍に再び我を忘れた。

f:id:hidekinghenry:20161027223115j:image

くー、うまい。そして、この唐揚げがまたオツだな。

 

ダメだ、俺は幸せだ。

この飯があれば俺はもう何も、、、

 

言いかけて次郎は口を閉じた。

ふと目をやると、携帯にラインのメッセージが届いていた。

 

ちっ、なんだこんな時間に。

 

 

マスター、お愛想だ。

 

気分良く代金を支払う次郎。

さてと、携帯の暗証番号をいれながら次郎は店をでた。

 

、、、。

 

西麻布の夜は更けていった。

 

 

角屋@西麻布

日本酒が豊富で、店主はいろいろ要望を聞いて出してくれる。そして。つまみの料理が全てこじんまりと多種類楽しめて、旨い。

 

3.8次郎