食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

セルフ鉄板焼き定食屋

ちっ。売り切れか。

 

次郎はいつものように神保町に来ていた。久々にラーメンの覆面智にありつこうとしたが、スープ品切れで敢え無く敗退。

 

くそ、せっかく神保町くんだりまで来たってのに。今日は休日でどこも休みだしなぁ。さて、困ったな。

だが、神保町は怪しげなB級がたくさんあるからな。探してみるか。

 

次郎はふらふらと神保町を彷徨った。

 

んー、チェーン店ばかりだな。しかし、休日は大したことない店も並んでるな。この並び好き民族がっ!自分を持てってんだ。

 

お、なんだここは、洋食屋か?鉄板焼き屋か、、、まぁまぁの人入りだな。写真を見たら我慢できなくなってきたな。

うーむ、そこまでじゃなさそうだが、えいままよ!

 

ウィーン♪

 

次郎は自動ドアをくぐった。

 

はいいらっしゃいませ〜

疲れ気味の店員が迎えた。

 f:id:hidekinghenry:20161022170901j:image

むー、気がすすまんが、よし、牛焼肉定食だ!次郎は食券を買い席に着いた。

 

ほう、まさか全員鉄板で自分で焼くのか。面倒だな。次郎はブツブツと愚痴をこぼした。

 f:id:hidekinghenry:20161022170856j:image

はい、お待ち。砂時計が落ちたら混ぜてお召し上がり下さい。

f:id:hidekinghenry:20161022170655j:image

ほう。きれいな肉だ。とりあえず、待つか。

今回はユリオカ超特Qとはいかないようだな。クククッ。次郎はひとりごちた。

f:id:hidekinghenry:20161022170845j:image

おぉ色が変わってきたな。

少し混ぜるか。

次郎は肉をひっくり返し始めた。

 

さながらひとり焼き肉だな。次郎さんには一人がお似合いってか。ちっ、おあつらえ向きか。

まぁいい、よし、できたな。

f:id:hidekinghenry:20161022171155j:image

出来上がったら、逆にそうでもないな。まぁお手並み拝見だ。

 

ほぅ、この和風ステーキソースはうまいな。玉ねぎが効いてる。意外といいじゃねーか。いつまでも肉が熱くていいな。そんなに硬くもないな。

 

ふん、まぁ許してやろう。しかし、二度来るかはまた別の話だっ!

 

あばよ、元気のない店員よ。

おまえに俺の元気を分けてやろう。

次郎は目を閉じて、掌に力を込めた。ゆっくりと目を開き、掌を店員にむかって開いた。

 

一陣の風が吹いた。どやどやと学生が五人入ってきた。

 

ふん、しっかり稼げよ!

 

ウィーン♪

 

次郎は店をでた。なんだか清々しいな。

しかし、10月も半ばだっていうのにまだまだ暑いぜ。

 

店を去る次郎、件のラーメン屋のおやじとすれ違った。

 

本当にお客様に優しい肉を使う店的な店名@神保町

セルフで焼く鉄板定食屋。まぁまぁ。まぁ普通だった。、肉は硬くない。

 

2.9次郎