食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

いちよし とんかつ

 早稲田はB級グルメ、1人飯屋の宝庫である。

 

次郎はB級グルメを独り開拓することが何よりの生き甲斐だった。

 

一人B級飯屋が集まる街はたくさんあるが、次郎は、早稲田、高田馬場、渋谷、下北沢、神田、神泉、三軒茶屋を根城としており、それらの街に出没することが多かった。

 

そして、今日はまた高田馬場の街を歩いていた。

 

最近ついつい高田馬場に来ちまうな。

仕方ない、気がつくとってやつだからな。同じ街にばかり赴く自分に言い訳しながら、次郎は早稲田通りこら神田川方面に歩いた。

この学生の賑やかさと、ごちゃごちゃした街並みがいいんだよな。懐かしいぜ。

 

ふー、それにしても高田馬場はとんかつ屋の宝庫だな。成蔵、とん太、とんき。もはや、聖地だな。俺も流行りの聖地巡りと洒落込むか。

 

君の名は、、、次郎ってな。クククッ。

次郎は独りごちた。

 

 

ん、店構えは立派だか、、、こんなとんかつ屋みたことないな。しかし、安いな。ロースカツが690円か。ココイチみてーなカツを出すんじゃねーだろーな。

、、、しかし、ちょっと惹かれるな。えい、ままよ!行くぜ俺は。

俺の名は、次郎!

気に入っていた。

 

ガラガラ♪

 

へい、らっしゃい。

素敵な笑顔の店主だった。

 

店が新しくて綺麗だな。

ほんとに安いな。メニューを見るとどれも他店より150円程度安いと感じた。

f:id:hidekinghenry:20161017143945j:image

 

ふむふむ。厨房も綺麗だな。

 

これは、期待しちまうぜ。

よし、おやじ、ロースカツだっ!

俺の名は次郎だっ忘れるな!

 

はいよ。

最後のフレーズは流された。

 

ふー、なかなかいい腕さばきしてるな。

ロース肉の卵への浸かり具合もうまそうだな。

 f:id:hidekinghenry:20161017163242j:image

 

ぐー、

 次郎の腹が鳴った。

 

やばいな、我慢できん。よし、こんなときは瞑想だ!

次郎は目を閉じた。

 

 

はい、ロースお待ち!

突然沈黙は破られた。

 

 

おお!でかいな!690円なのに。お得感満載じゃねーか!

f:id:hidekinghenry:20161017145843j:image

早速頂こう。

いつものように、半分はソース、半分は醤油で食べる次郎。

 

おお、肉汁がたまらん。

衣がサクサクだ!そして、分厚いのに柔らかいな!うまひっ!!!

f:id:hidekinghenry:20161017163324j:image

 

うーむ、これは1100円の価値はあるぞ。うまい。店員のとんかつに対する姿勢もいい。 気に入った!俺は気に入ったぞおやじ!

 

店の名は、、、いちよしってか。

決まったな。

 

よし、700円くれてやる、次郎はカウンターに小銭を叩きつけ、店を出た。

 

ガラガラ♪

 

暮れなずむ夕陽が神田川を細く照らしていた。

 

 

いちよし@高田馬場

690のロースは安い!トッピングでアジフライも250で追加可能。穴場!

 

3.7次郎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hidekinghenry:20161017143945j:image