読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

EDOYA ハンバーグ

ここは、50年前からやってるのよ。

 

仕事を終えた次郎は夕飯をどこで食べようか考えながら、麻布十番をふらふらしていると、見慣れない定食屋があり、入口に設置してあった丸イスに座っていた歯の抜けた70代に届こうかという女性に話しかけられた。

次郎は女性を無視して、看板のメニューを無心に見た。

 

ほう、うまそーなハンバーグだな。少し値段が高いようだな。

 

ここの店は旦那さんがやめちゃって今は奥さんがやってるのよ。ここは、ハンバーグよお兄さん。

 

ん?おれに話しているのか?

なんだこのババアは。

 

次郎は一瞥してまたメニューに目を戻した。

 

うっとおしいな、いくか。

 

そう思ったところで店から店員が出てきた。

何名様ですか?

 

1人だ。

見たらわかるだろう?何か?このババアとセットにでも見えるのか?あぁ?

 

そう言いたいところだったが目のみで訴えた。

 

カウンターにどうぞ。

 

次郎は気がつけば着席していた。

 

ふーむ、確かにハンバーグがよさそうだな。店も混んでいるし、厨房にいるコックも雰囲気があるな。よし、注文だ。

 

おい、ねーさん、ハンバーグだ。それとサラダもな。味噌汁も頼む。とっきゅ、、、

 

少し時間を頂戴しますので。

 

ぐ、またしても特急を遮られた次郎。

 

しかたねぇ、先手を打たれたか。次郎は暇つぶしに携帯を見た。ラーメンに親指が混入した事件がネットを賑わしていた。

 

物騒な世の中だ。

 

俺には関係ないけどな!

 

はい、お待たせ。

突如沈黙は破られた。

 

おお!うまそうだ!玉子がたまらないな!f:id:hidekinghenry:20161015003507j:image

さて、味はと、、、

 

f:id:hidekinghenry:20161015003523j:image

ぐお、ぎっしりしてるのに、柔らかいな。いいバランスだ。くー、肉汁と半熟玉子のコラボがやばいなっ!

さすがは高いだけあるな。

 

くー、うまい。ハンバーグはやっぱり最高だな。

 

ち、また来るぜ、名店が一つ増えたか。

釣りはいらねーよ。次郎は2000をカウンターに叩きつけた。

 

ふー、秋だってのに、今夜は蒸すな。

 

夏の残り香が、麻布十番の街を満たしていた。

 

EDOYA@麻布十番

ハンバーグの店らしい。正統派な洋食屋。

ハンバーグがやはりうまい。少し割高。

 

3.6次郎