読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

めん 和正

つつっ、背中がいてー。

 

昨日は深酒をしてしまい帰るや否やベッドに倒れこんだ次郎。

 

案の定、寝違えていた。

 

くそ、肩が回らねぇ。ちっ、俺を酔わせておいて、いつの間にか帰りやがって。

次郎は昨夜久々に女性といきつけのバーに行っていた。しかし、久々の緊張からか酔いが回らず、何杯もウィスキーを煽った。会話はあまり覚えていないものの、そんなに盛り上がらなかった。

暫くして一気に酔いが回り、気がつけばカウンターで一人突っ伏していた。

女性は呆れて先に帰ったようだった。

 

けっ、あんな女こっちからお断りだってんだ。そう一人ごちたものの、部屋に一人でいると気分が少し塞いだ。

 

くっ、酒の後は、そう、そうとも!

ラーメンだよ。ラーメンだよなオヤジ!

次郎はいつものラーメンの味を想像したが、休日の今日は休業していることを思い出した。

 

く、とことん攻めてくるな神様のやろうは。

しかし、腹が減ったな。

よし、ここは久々に場所を変えるか。次郎は思案して昔近くに住んでいた三軒茶屋を訪ねることにした。

 

三軒茶屋は飲み屋の街。うまいラーメンが無いはずがない。次郎は早速ネットでラーメンを検索した。

 

ふーむ、この和正ってのがうまそうだな。魚の出汁か。よし決めタ。待ってろおやじっ!次郎は寝癖のまま家を飛び出した。

 

久々に三軒茶屋に来たが、活気があるな。いいぞっ!

 

次郎はワクワクしていた。目当てのラーメン屋の前に来ると、すでに常連客たちが店の外に並んでいた。

 f:id:hidekinghenry:20161009124350j:image

ち、ここでも待たされるのか。俺は、女にもラーメンにも足蹴にされるってか。くくくっ。上等だ、表へ出ろ!

 

威勢の良い気分になったが、既に次郎は表で待たされていたのだった。

f:id:hidekinghenry:20161009124345j:image

ふー、そうかいそうかい、大人しくまってやらー。

 

ブルル。

『昨日は先に帰ってごめんなさい。また機会があれば誘って下さい』

 

く、しゃらくせー、機会なんて考えてねーくせに!機会は自分で作るもんなんだよこのアマ!

 

次郎は怒りからラインの連絡先を消した。

 

ふー、せいせいしたぜ、これでラーメンに集中できる。さぁ、おやじこっちは準備完了だ!

 

10分後店内に入った次郎。静かな店内で、水を飲み干した。くそ、カラカラだ。次郎は何杯も水をおかわりした。四杯目を注いだ頃、

 f:id:hidekinghenry:20161009130420j:image

 

はい、中華麺、チャーシューお待ち。

 

突如沈黙は破られた。

おおっ!これはボリュームがあるな。柔らかそうなチャーシューだ!見た目は合格だ。

さて、あとは味だけだな!

f:id:hidekinghenry:20161009130402j:image

む、スープはあっさりしてるが、しっかり味がついてる。魚出が効いてるじゃねーか。思った通りチャーシューがほろほろだな!麺もしっかりしてるが硬すぎず丁度いいな。待った甲斐はあったな。やっぱり女より、ラーメンだ。

 

く、泣けてくるぜ。

おやじ、いい夢見させてもらったよ。また来るぜ。次は、待たせず頼むぞ。俺の前に人をいれるなよっ!ははっ

 

高らかに笑いながら次郎は店を後にした。

背中を吹き抜ける風は秋を感じさせた。

 

 

お客さん、お勘定ー!

店主の声が246に鳴り響いていた。

 

続く。

 

めん和正@三軒茶屋

いつも並んでいる。客の回転が遅いのが玉に瑕だが、大勝軒系のラーメンで、スープがスッキリなのにしっかり味がついている。うまし。

 

3.7次郎