食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

海南鶏飯食堂 麻布十番

くそ、何だってこんな忙しいんだ。 次郎はここ最近午前様が続いていた。次郎の部署では11月が仕事量のピークで、次から次へと外部から問い合わせが続き、それが終わるとその問い合わせを取りまとめる作業が続き、いつまで経っても片付かない日々を送っていた…

煮干しラーメン 凪

煮干し、、、 結局来ちまった。 次郎は過日俺のハンバーグでハンバーグをしこたま食べた後、ふと店先から見えた大量の煮干しで出汁をとる煮干しラーメン屋が目に留まった。 しかし、さすがにハンバーグ即ラーメンは、流浪人剣心で言うところの悪即斬の斎藤一…

路地裏スープカレー侍

ついに探り当てた! 次郎は気が急いていた。 下北沢には次郎の好きなスープカレー屋が二つあるのだが、今回は新たに検索した結果、とても気になる店を発見したのだった。 次郎の最近の食生活は野菜が慢性的に不足しており、それが次郎の生活に暗く影を落とし…

亜須加 排骨担々麺

野菜不足か。 最近の野菜は高いようだな。ねぎしはサラダを止めてるし、ますます不健康になっちまうな。次郎は青い秋の空を見上げた。 空はこんなにいい感じなのに、俺の健康はイマイチか。ふんっ、嘆いたって始まらねぇ。人生万事塞翁が馬だ。 タンタンタン…

俺のハンバーグ

しかし、今夜は思い浮かばんなぁ。 次郎は、仕事帰り、六本木の街をふらつき、良い店が見つからず、西麻布までたどり着いたものの、なんとなく西麻布の店は行き過ぎている感覚に追われ、気がつけば渋谷まで来てしまっていた。 いやー、こんだけ歩いたんだか…

覆面智③ 年に一度の

お、おやじ、、、 次郎はウッカリしていた。 10.31ハロウィン。 この日は、この店が開店当初の時代に戻る日だった。 店に入るやいなや、イノキ、ボンバイエ、イノキ、ボンバイエ、イノキ、ボンバ、、、が鳴り響く。 ファイッ ファイッ ファイッ うぉ、く、、…

吉村家 家系ラーメン

総本山。仰々しい名前だ。 次郎はひとりごちた。 横浜に仕事で来ていた次郎。横浜といえば吉村家。家系ラーメンの総本山。ラーメン好きは大概知っている。勿論次郎の今日の目当てであった。 ハロウィンでごった返す街の人混みをすり抜けるように次郎は横浜を…

角屋 日本酒バー

甘い、スッキリと甘い。 福井の黒龍です。 これはうまいぞマスター。 次郎はつい大きな声がでてしまった。 遅くまで残業した次郎は、どこかで一杯飲まないとやっていられない気分だった。 次郎は以前に一度来たことのある西麻布の日本酒バーに一人乗り込んだ…

セルフ鉄板焼き定食屋

ちっ。売り切れか。 次郎はいつものように神保町に来ていた。久々にラーメンの覆面智にありつこうとしたが、スープ品切れで敢え無く敗退。 くそ、せっかく神保町くんだりまで来たってのに。今日は休日でどこも休みだしなぁ。さて、困ったな。 だが、神保町は…

洋食屋富士屋

数値が悪いですね〜。 食生活を見直すか、薬を飲むかですね。 次郎は健康診断の結果、尿酸値と中性脂肪の数値が悪化し、医者から警告を受けていた。 く、これはまずいな。自業自得とはこのことだが、俺の人生からB級グルメをとったら何が残るってんだっ! し…

いちよし とんかつ

早稲田はB級グルメ、1人飯屋の宝庫である。 次郎はB級グルメを独り開拓することが何よりの生き甲斐だった。 一人B級飯屋が集まる街はたくさんあるが、次郎は、早稲田、高田馬場、渋谷、下北沢、神田、神泉、三軒茶屋を根城としており、それらの街に出没する…

鷹流 ラーメン

次郎は慣れた足取りで高田馬場を歩いていた。 大学で通い慣れた街は、今もあまり変らず学生の街の風情を色濃く残している。 んー、店は変わってるが街並みはあの頃のままか。いいもんだ。 しかし、ラーメン屋の数が増えたな。あの頃も多かったが今は更に多い…

EDOYA ハンバーグ

ここは、50年前からやってるのよ。 仕事を終えた次郎は夕飯をどこで食べようか考えながら、麻布十番をふらふらしていると、見慣れない定食屋があり、入口に設置してあった丸イスに座っていた歯の抜けた70代に届こうかという女性に話しかけられた。 次郎は女…

とんかつ 山ノ内

ラーメンも少し飽きてきたな。 休日出勤で振替の休みとなった今日、次郎は暇を持て余していた。 急に平日が休みになったって、やることがねぇな。さて、何するかな… ん?もう1時じゃねーか。あっという間に昼だな。昼。昼。昼…昼といえば、昼飯だな。果報は…

ポニピリカ スープカレー

なんだここぁ、平日だってのに激混みじゃねーかっ! 次郎は行きつけの都内三大スープカレー、イエローカンパニー、マジックスパイス、東京らっきょブラザーズ以外のスープカレー屋を開拓するために下北沢に赴いたが、そこで事前に調べたロジウラ カレー サム…

ドミナント 鉄板焼き

最近曇りが続くな。 次郎はクリーニングを取りに行きがてらランチをどこでとるか物色していた。 今日はラーメンって感じはしねーな。 うおっと、 クリーニングの袋が大きく次郎は車道で自転車をフラフラさせながら運転していた。 あぶねーあぶねー、危うく俺…

めん 和正

つつっ、背中がいてー。 昨日は深酒をしてしまい帰るや否やベッドに倒れこんだ次郎。 案の定、寝違えていた。 くそ、肩が回らねぇ。ちっ、俺を酔わせておいて、いつの間にか帰りやがって。 次郎は昨夜久々に女性といきつけのバーに行っていた。しかし、久々…

キッチンハセガワ

あんまりじゃねーか! 次郎はつい大声をあげた。 次郎の勤める会社の経営が悪化し、社食が廃止になることが決定したからだ。 く、こんな庶民から金を巻き上げてどうしろってんだっ。 次郎はうなだれた。 そして、時刻は12時になろうとしていた。 ええぃ、ま…

東京らっきょブラザーズ

ちっ、ついてねーな。 次郎は夕方の暗い空を見上げていた。 先程まで次郎は友人の三郎と最近流行りのアニメ映画を見に行っていた。 内容はありきたりだったが、次郎の満足いく内容だった。その後二人で渋谷駅近くの丸金ラーメンに行こうとしたその時、次郎は…

覆面智②

おやじ! 出てこいやっ! 次郎は、そんな気持ちで家を飛びだした。 体がおやじデブに近づいていることに気づき始めたが、しかし、B級グルメ巡りがやめられない次郎は、イライラが頂点に達していた。 くそ、ラーメンなんてくそくらえだっ! ラーメンばっかり…

つばき食堂②

最近、この広尾のつばき食堂にちょくちょく出入りしてしまってます。 お通しがまず美味で。 その後、夜定食に行ってしまい、今日はアジフライとクリームコロッケ^ ^ これまたホッコリ美味しいんです。付け合わせのひじきも絶妙で。 そして、もう一品頼んでし…

つばき食堂

定食。定食。定食。 うまい定食屋はそうない。家庭料理が食べたいと言いながら大概は家庭料理よりうまくないと文句を言う。それが人ってもんだ。 さて、今日はそんな独身リーマンが一人で行くのに最適な一軒をご紹介。 『つばき食堂』@広尾 https://s.tabelo…

鳥政

、、、さてと。 どーすっかな。 休日、次郎は家事を終え一息ついた。 時刻は12時35分。 そろそろランチ客が一回転する頃だな。 よし、行くか! 善は急げだ。 次郎は、クーラーと扇風機をつけっぱなしのままいそいそと出かけていった。 なんか忘れたような気…

喜久美

くそ、もう間に合わねー! 次郎は予約していたジムに行くためバスに乗ろうと走っていた。 しかし、そのバスを逃すと確実に遅刻が確定し、ジムの時間が半分以下になる。 次郎は坂道を駆け下り、六本木通りに出た。バス停が見えた。しかし、乗るべきバスはまさ…

菜の花そば

その日次郎は千葉にある親戚の家へ朝早く向かっていた。 くそ、寝みー。なんだってこんな朝早くから千葉に行かなきゃなんねーんだっ。 ぶつぶつ愚痴りながら次郎を乗せた電車は乗り換え駅の西船橋に着いた。 ふー、こっから武蔵野線か、、。 と、その時次郎…

原宿餃子樓

ふー、あがったか。 うっとおしい雨もあがり、幾分心も上向いた次郎は渋谷から原宿に向かって歩いていた。 しかし、チャラチャラしたやつばかりだ。みんな外国人みたいな挨拶しやがって、自分の顔を見ろってんだっ! 明らかな日本人顔の次郎は、一人憤り、身…

覆面智

ジメジメとした雨をくぐりぬけた。 牛テール。 この言葉が次郎の胃袋を目覚めさせた。 神保町までの道のりは覚えておらず、足捌きにイラつきを覚えてながらただただ次郎は足下を見て競歩する。 ふー。 神保町駅からの階段は長いな。 きっとこれは神の試練だ…