読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食い倒れ 函館次郎のひとり飯道

函館次郎が世間の荒波に抗いながらひとり飯に命を捧げる物語

かつ吉

うーむ、いい天気だな。少し暑そうだが… こんな時はテラス席でゆっくりしたいいもんだな。 次郎はベッドの上で早速ググってみると、ガブリというステーキ屋が渋谷にあり、そこはサラダバーがついていてテラス席もあるとのことだった。 ステーキにはそこまで…

ヘンドリクス カリー バー

このところ次郎は毎日プールに通っていた。 毎日泳ぐようになると、泳がない日は逆に体が気持ち悪いような感覚に陥っていた。そんな感覚に嬉しさを覚え始めた次郎だった。 そんな中、いつも神宮のプールに行く途中に数件の気になる店があったが、自転車の下…

World Breakfast All Day

さてと、運動でもするか。 次郎は最近また医者から節制を呼びかけられたため、一念発起して運動することに決めた。 昼夜とうまいものばかり食べるのも、1日に自由に食べるのは一食にすることにした。五月はそれでどこまで乗り切れるか試すことにした。 5月に…

カラシビ鬼金棒

ふぅ、歩き疲れたな。 次郎は仕事で都内を歩きまわっていた。普段から歩き慣れていない次郎には。炎天下の最中に歩き回るのはだいぶきつかった。 こうも歩くと腹が減るな。体力を取り戻さねばならん。 場所は神田。神田といえば、たくさんあるが、つけ麺で有…

麺飯食堂なかじま

さてと、ここは酢豚らしいな。 次郎は勢いでデラックス定食のボタンを押した。勿論酢豚を食べるためだ。 ここは気にはなっていたものの、一人客が少なそうで躊躇していたのだった。 しかし、渋谷のこの通り沿いの飯屋も行き尽くした感がある。もうここしか残…

大黒屋 天丼

う、うぅ、蒸し暑い。 東京は雨の直前によくあるように蒸していた。 次郎は浅草駅構内を歩いていた。 地下は湿気がこもり、週末の人出でごった返し、構内はうっとおしいほどに蒸していた。 うぅ、出口はどこだ… ドンッ うぉ、 後ろから外国人の団体客が押し…

覆面智⑧ 白えびと鯛出汁の塩ラーメン

あ、暑いな… まだ四月だというのに。 次郎は住民票を取るため区役所向かったが、支所が三田線沿いにあることが判明し、三田ならばと神保町に途中下車した。 むしろ、遠回りだな。まぁいいか。今日はオヤジの妹のバースデー。いつもと違うラーメンが味わえる…

萬里とキムラ亭 野毛

ピチャ、ピチャ ピチャ、ピチャ 靴が地面に触れるたびに水溜りが音を立てる。次郎は、前のオヤジに気づかれないように、冷たい雨が降り注ぐ野毛の街を歩いていた。オヤジが振り向く一瞬前に横道に入り、姿を消した。オヤジは首を傾げながら再び歩き出した。…

のもと家 とんかつ

次郎は、しとしと降る雨の音、車が水のはった道を滑り出る音で目が覚めた。 雨か? 次郎はカーテンを開けた。外の道を見ると傘をさした人々が歩いている。 しめた! チャンス到来だ。 次郎はいそいそと着替え始めた。 長蛇の列を覚悟するとんかつ屋、のもと…

角屋② 日本酒バー

世間はホワイトデーか。 浮かれやがって。 次郎は三月も半ばに入ったにもかかわらず、深夜から雪予報の東京であった。 一旦あたたくなってからの冷え込みは次郎の心までも凍て付かせた。 くそ、なんだ人が恋しいのか俺は?あぁ? 次郎は曇り空に向かって叫ん…

覆面智⑦ 浅利塩ラーメン

お、おやじっ! まじかよ。バースデーなのか! 次郎はツイッターを何気なくタップした。今日はおやじのバースデーラーメンらしい。 バースデーの火曜は塩ラーメンの日。どんな具材が出し汁になるのか。答えは同じツイッターにあった。 くっ、うまそうな浅利…

牛蔵 富士見台

牛蔵か、楽しみだ。 次郎は独りごちた。 予約の取れない店として有名な焼肉屋。次郎にも少ないが友達がいて、彼が今日は昼にわざわざ並んで予約を取り付けてくれていた。 持つべきものはなんとやら…だな。次郎は朝昼を抜き、夜に備えた。 少し痩せたか? 鏡…

NID CAFE ビストロ

次郎は渋谷から青山通りを外苑方目に向かって歩いていた。 通りには青学生が行き交い賑わっていた。早い時間は曇っていた空も昼頃には陽光が射し込むようになって、時折あたる陽射しは春の訪れを柔らかに感じさせた。 春めいてきたな… 次郎は空を見上げなが…

CAFE BLEU

モヤモヤするな。 なんだか知らねーがモヤモヤする。 次郎はひとりごちた。 くそ、キャプシーヌ大通りに見るパリの大通りとその効用か、現代に続く効用の考察ができてないよな。古いものをただほじくり返すだけじゃ… 後悔は先にたたずだ。またやり直しだな。…

武道家 ラーメン

久々に次郎は早稲田に降りた。 いつものオヤジのラーメンは捨てがたかったが、毎回毎回行っていたのでは芸がない。 ここらで一旦リセットしよう。そう思い新たな場所を考えたが、あまりいい場所が思い浮かばない。 野菜も足りていないことだし、スープカレー…

佐久良 ビーフシチュー

なぜだかよく思い出せないが、次郎はメトロに乗っていた。何駅を目指すつもりで乗ったのか、なんだからわからないが銀座線に乗っていた。 銀座を越え、日本橋を越えた。上野広小路を越え、気がつくと終点の浅草に着いていた。 うううう。寝入ってしまったよ…

宮川赤坂 うなぎ

ガラガラ♪ 次郎はおそるおそる扉を開けた。その扉はガラスが差し込まれているため重かったが、うなぎ屋という響きと店の料亭風の門構えが重々しさに輪をかけた。 はい、いらっしゃいませ。 予約などしてないのだが… はい、結構ですよ。 にっこりと白髪交じり…

とりかつ 定食屋

う、浮かれやがって。 世の中がバレンタインデーの夜、次郎は一人渋谷の街を歩いていた。 昼間次郎は上野の森で絵画をみていた。次郎は考え事をするときは上野の森にいくことが多かった。木々に囲まれた道を歩き、ふらりと美術館に入る。平日の昼間、特別展…

覆面智⑥ 牛テール塩ラーメン

終わった… ふと時計を見ると午後5時。定時だった。 ふー、俺の生産性もみるみるうちに上がってるぜ。 定時♪ 定時♪ 銭形定時♪ ってんだコンチックショー♪ 次郎は自席で独りごちた。 さっさっと職場からオサラバだ。 次郎は職場から出ると六本木駅に向かった。…

おまかせ亭 洋食屋

まだまだ寒いぜ。 次郎はチャリンコに乗りながら渋谷を疾走していた。コートのボタンが留めることにより、ボタンが取れてしまうことを防ぐため、全開のまま疾走することになり、北風が次郎を切り裂いた。 くー! 身を切るぜ! 何を食うかなー! 疾走しながら…

かき心

今日は、早く終わったな。 時計は17時30分。夜はこれからだった。 何かうまいもんが食べたいな。 いつもはここで、ハンバーグ、スープカレー、とんかつの三択になっちまうんだよな。 そうやっていてはいつまで経っても成長しねぇ。成長戦略とやらを立ててみ…

ハノイのホイさん

ホ、ホイさん! 次郎は渋谷にいた。 今日の仕事が六本木ヒルズにあり、そこから家に向かう途中で下車する予定が渋谷直行便のバスに乗ってしまったため、渋谷についてしまった。 く、くそ、ぼんやりしちまってたぜ。 冬の寒空の中、ケヤキ坂のイルミネーショ…

覆面智⑥ オマール海老塩ラーメン

お、おやじ! 次郎は何気なく行きつけのラーメン屋の大将がやっているツイートを見ていた。 しかし、前回の時と同様、いきなりのオマール海老写真。 く、くそ、お、おやじ… 次郎は、洗濯をし、気を紛らわした。 次郎は、掃除をし、ツイートを忘れようとした…

味仙 台湾ラーメン

いつになく次郎はソワソワしていた。 ふん、名古屋と言えば手羽先、味噌カツ、櫃まぶし。この3種の神器だ。 しかーし、俺が誘われているのは、そんなトーシローの王道メニューじゃねぇ。名古屋は今台湾ラーメンなんだ。 そして、ここ、台湾ラーメンの中でも…

覆面智⑤ ヤバイ奴 上海蟹

オ、オヤジ! 午前950。既に列は出来ていた。 まるで開店前のパチンコ屋さながら、覆面智の横に列はできていた。 オヤジからの突然のツイート。 急遽メニュー変更、上海カニでヤバイ奴を… 次郎は何気なくオヤジの更新を見た。普段は写真をツイートしないオヤ…

韓国料理屋 シドニー

次郎さんは、シドニーでお友達ととても楽しく過ごしましたとさ。おわり… ふん、終わるわけがないだろう。 次郎は独りごちた。 さて、かの地シドニーも最後の夜。 旧友たちと最後の晩餐を終え別れを惜しんだあと、次郎はホテルに戻ると軽装に着替え最後の探査…

ラクサ シドニー

シドニーでジャンキーなものといえばラクサだ。 次郎は舌舐めずりした。 今日は昼にラクサを食うと決めていた。以前から通っていたシドニーのラクサ。 まだなくなっていないといいが… 駅はタウンホールというシティのど真ん中。3階に紀伊国屋があり、よくそ…

マンリーグリル Sydney

来ちまった… ふん。懐かしいな。 次郎は久しぶりに彼の地に降りた。 5年ほど前に住んでいた場所だ。次郎はそこでさまざまな経験をし、一人で生きることを学んだ。 そんな思い出がたくさん詰まった土地シドニーに久しぶりに降り立った。 変わってないような…

とんかつ あおき

な、なんてこった。 せっかく早稲田まで来たってのに… 次郎は年末を締めくくるべく、テレビで紹介されていたラーメン屋ガンテツを訪ねていた。 店主のブログを確認し、本日最終営業日だと書いてあった。 しかし、ブログの発信日はよく見ると昨日だった。 早…

蕎麦きり みよた

くそ、時間が中途半端だな。 次郎は次の打ち上げというなの忘年会まで2時間の待ち時間を持て余していた。 家に帰るわけにもいかんし、どうしたもんか。 休日の街は五月蠅い。 ガキどもやカップルの熱気に当てられ次郎は徐々に力を失っていった。 ふー、どー…

キッチン南海 カレー

なんてこった。 なんでこんな町に来ちまったんだ。 こんないい町に… 次郎は独りごちた。 次郎は次郎の父の友人Aから荷物を引き取りに来たのだが、Aは神保町に住んでいたため、きしくも、次郎行きつけのラーメン屋の町にまたしても足を運んでしまったのだった…

ひいらぎ 定食屋

自分の確立。 なんだそら。あぁ。 次郎は独りごちた。 次郎は最近いろいろな手段で自分について考えていた。 30も半ばを過ぎ、友人や同僚は皆結婚し、子供がいる。 明らかに会話が噛み合わなくなっていた。 友人との会話の大半は子供と老後の話し、同僚の場…

ひむろ 味噌ラーメン

くー、さぶっ。 外はさぶいなー。 飲み屋から出た次郎は体を震わせた。今夜は次郎が海外にいたころの友人たちと銀座で久々に顔を合わせたのだった。 みんな変わってない。しかし、日本が窮屈に見えるな。だからこそ、ふてぶてしい顔が光ってたな。 次郎、ラ…

関口亭 ハンバーグ

さてと、久々にいっちまうかな。 次郎は一週間の仕事を終え、開放的な気分だった。 ここ一週間でめっきりと寒くなり、本格的な冬到来の気分が街を覆っていた。 どこにいっても最初の話題は、寒くなってきたという一言に始まり、今年は大雪らしいなどというお…

新記 台湾料理

なんと、改装中とは… 次郎は壺焼きカレーの店喜楽亭に行こうと三軒茶屋まで脚を伸ばしていた。目当ての店に来たはずなのに店がなく、次郎は地図を確認した。 既に通り過ぎているとの表示。 妙だな。見失うはずはないが… 国道246の沿道は銀杏の落ち葉で満ちて…

札幌ドミニカ スープカレー

なんだか街が空いてるな。 日曜の夕方、次郎は銀座を歩いていた。仕事も早く終わったし、何か食べて帰るか。 最近次郎は仕事が終わるのが早く、ゆっくり夜飯を考える時間があった。 銀座だしなぁ。あまり1人で入る店はないのか…む、そうでもないな。 次郎は…

グリルスイス 洋食屋

千葉さんのカツカレー?? うーむ、なんやそら。 次郎は仕事の帰り銀座を歩いていた。久々の銀座だったが、じじばばの街という印象が強く、土曜日は人通りも多く次郎はあまり好きではなかった。 とは言え、たまにしか来ないため、いつもの地区とは違った店も…

麗郷 台湾料理

さてと、仕事もひと段落したしな。今日はもう帰るか。 む、髪も伸びてきたな。こりゃばっさりといくか。 次郎は通っている美容室に行った。 次郎さんひさびさっすねー。この後はなんか予定あるんすか? いやー、特にはないんだ。でも切り終わる頃には腹も減…

覆面智④悪い奴

う、うまい…… うめーよ、オヤジ! 次郎は久々に行きつけのラーメン屋に来た。今日は仕事を休み、水曜日しかやっていない味、''悪い奴”を味わうために神保町までやってきた。 なぜ悪い奴なのか、体に悪いという意味なのか、次郎の疑問は深まったが、確か出汁…

ティーヌーン タイ料理

ふー、やっと終わったな。 次郎は自分の部署の一大イベントが終わり、久々にゆっくり休日を過ごしていた。 ゆっくり昼過ぎまで寝て、家事はせず、マッサージに行き、再び家で寝る。贅沢な時間だった。 さてっと、そろそろ寝飽きたな。温泉にでも浸かりたいと…

塩そば 桑ばら

確か、あのオヤジが話してたよな、、、 次郎は行きつけのラーメン屋のオヤジが常連客と話をしていた池袋の塩ラーメン屋を探していた。 日曜の夕方の池袋は人が多く、人波にぶつかることもしばしばだった。 ったく、なんでこんな人がいるんだ。景気でもいいの…

とんかつ とんき

んんー、いやーマッサージ気持ちよかったなぁー。 次郎は最近の疲れが取れず、赤坂の行きつけのマッサージ屋に出かけていた。グイグイ押してくれるマッサージ屋は中々なく、疲れが溜まるとそこに通っていた。 さてと、マッサージも完了したことだし、やっぱ…

イエローカンパニー スープカレー

んん…うんんんん…ふぅー… 一時か…しかたねぇなぁ…起きるか。 この一週間毎日午前様で仕事をしている次郎。久々の休みで、たっぷり寝ることに決めていたのだった。 そうは言っても、さすがに一日中寝てられるはずもなく、ダラダラと起き出した。 んー、、、 …

海南鶏飯食堂 麻布十番

くそ、何だってこんな忙しいんだ。 次郎はここ最近午前様が続いていた。次郎の部署では11月が仕事量のピークで、次から次へと外部から問い合わせが続き、それが終わるとその問い合わせを取りまとめる作業が続き、いつまで経っても片付かない日々を送っていた…

煮干しラーメン 凪

煮干し、、、 結局来ちまった。 次郎は過日俺のハンバーグでハンバーグをしこたま食べた後、ふと店先から見えた大量の煮干しで出汁をとる煮干しラーメン屋が目に留まった。 しかし、さすがにハンバーグ即ラーメンは、流浪人剣心で言うところの悪即斬の斎藤一…

路地裏スープカレー侍

ついに探り当てた! 次郎は気が急いていた。 下北沢には次郎の好きなスープカレー屋が二つあるのだが、今回は新たに検索した結果、とても気になる店を発見したのだった。 次郎の最近の食生活は野菜が慢性的に不足しており、それが次郎の生活に暗く影を落とし…

亜須加 排骨担々麺

野菜不足か。 最近の野菜は高いようだな。ねぎしはサラダを止めてるし、ますます不健康になっちまうな。次郎は青い秋の空を見上げた。 空はこんなにいい感じなのに、俺の健康はイマイチか。ふんっ、嘆いたって始まらねぇ。人生万事塞翁が馬だ。 タンタンタン…

俺のハンバーグ

しかし、今夜は思い浮かばんなぁ。 次郎は、仕事帰り、六本木の街をふらつき、良い店が見つからず、西麻布までたどり着いたものの、なんとなく西麻布の店は行き過ぎている感覚に追われ、気がつけば渋谷まで来てしまっていた。 いやー、こんだけ歩いたんだか…

覆面智③ 年に一度の

お、おやじ、、、 次郎はウッカリしていた。 10.31ハロウィン。 この日は、この店が開店当初の時代に戻る日だった。 店に入るやいなや、イノキ、ボンバイエ、イノキ、ボンバイエ、イノキ、ボンバ、、、が鳴り響く。 ファイッ ファイッ ファイッ うぉ、く、、…

吉村家 家系ラーメン

総本山。仰々しい名前だ。 次郎はひとりごちた。 横浜に仕事で来ていた次郎。横浜といえば吉村家。家系ラーメンの総本山。ラーメン好きは大概知っている。勿論次郎の今日の目当てであった。 ハロウィンでごった返す街の人混みをすり抜けるように次郎は横浜を…